東海市体罰小学校どこ?教頭は誰で名前と顔画像も調査!

東海 体罰 小学校 どこ 時事ネタ
Pocket

「東海市体罰小学校どこ?教頭は誰で名前と顔画像も調査!」と題して調査してみました。

東海市のとある小学校で、教頭先生が小学3年生の男児を放り投げたとして話題になっています。

一体どこの小学校で、この教頭先生が誰なのか、名前や顔画像が気になった人もいるでしょう。

ニュースを見たところ、この児童に全く非がなかったというとそうでもなさそうな印象を受けます、

確かに教頭先生も、よっぽど腹に据えかねたのでしょう、そういった態度をとってしまうのも、ある程度は理解できます・・・。

教頭先生を呼びに行くなんて、よっぽどですし、どの先生もこの児童には対応に苦慮しているのかもしれません。

かなり様々な物議をかもしていますが、一体どこの小学校なのか調べてみることにしました。

 

東海市体罰小学校どこ?

東海市で体罰があった小学校ですが、一体どこの小学校なのでしょうか。

東海市の市立小学校と報じられているので、まずは東海市の小学校を調べてみたところ、12校あることが判明。

(引用元:東海市立小学校・中学校一覧/東海市 (city.tokai.aichi.jp)

  • 緑陽小学校
  • 名和小学校
  • 渡内小学校
  • 平洲小学校
  • 明倫小学校
  • 富木島小学校
  • 船島小学校
  • 太田小学校
  • 横須賀小学校
  • 加木屋小学校
  • 三ツ池小学校
  • 加木屋南小学校

この中のいずれかの小学校だと思われますが、どの小学校なのか報道されていません。

とあるネット掲示板で、横須賀小学校ではと疑問に思う声もあがっていました。

 

東海市体罰小学校は横須賀小学校?

横小とは横須賀小学校を指しているものと思われます。

しかしながら、学校の雰囲気は年代によって全く変わってくるもの。

問題児が多い学年だと、学級崩壊しているクラスがおおかったり、かと思えば問題児がいない学年になると、非常におとなしかったりもします。

この方の年代が分からない以上、何とも言えませんが、近年の口コミを見ると、いい学校だという風に記載されています。

(引用元:横須賀小学校(愛知県東海市高横須賀町/小学校) – Yahoo!ロコ

そのため、今回の体罰があった小学校の学校名が横須賀小学校とまでは断定できません。

しかし、この児童の態度から察するに、児童が授業を妨害する態度をとるため、他の児童の授業の妨げになると、教頭先生は判断したのでしょう。

だからこそ口で言っても何も変わらないなら、と強硬したまでではと思います。

現にSNSでは教頭先生を擁護する声の方が多く、児童に問題があったのではとみる人の方が多いように思います。

 

追記:東海市体罰小学校が横須賀小学校説は嘘

東海市で体罰があった小学校は横須賀小学校ではないかと憶測がたっていましたが、横須賀小学校ではないことが判明しました。

名前が伏せられている以上、様々な憶測がたっていますが、有罪判決や悪質性が高くない限りは、報道されない可能性が高そうですね。

学校名がどこなのか、新たな報道や、新たな証言があり次第、追って追記していきます。

 

東海市体罰小学校の教頭は誰?名前と顔画像は?

では、この教頭先生はどんな方なのでしょうか。

もし仮に横須賀小学校であると仮定して、教職員人事異動について調べたところ、教頭先生の名前を特定することはできました。

しかしながら横須賀小学校かどうか判然としていない、またニュースでは46歳の教頭先生と報道されてますが、この人が46歳かどうかも分かりません。

二次被害を避けるためにも名前や顔画像については、控えさせていただきます。

※体罰があった小学校が横須賀小学校ではない以上、特定が難しいので、新たな情報が入り次第追って追記していきます。

体罰騒動の渦中にいらっしゃる教頭先生は46歳とのことですが、非常に若い教頭先生ですよね。

教頭先生になるにあたって、様々な試験があるはずですが、よっぽど優秀な教頭先生なのではと推察されます。

現に非常にいい先生だったと擁護する方も多いです。

 

教頭先生は非常にいい先生!擁護する声が続出

ニュースでは教頭先生が腕をつかんで放り投げたとされていますが、事実は少々異なるようです。

愛知県東海市の小学校で、46歳の男性教頭が授業に集中していないとして男子児童に対し、手首をつかんで引っ張りながら廊下に連れ出し、転倒させるなどしていたことがわかりました。
市の教育委員会は教頭の行動は体罰にあたるとして謝罪しました。

(引用元:愛知 東海 小学校教頭が児童に体罰で謝罪|NHK 東海のニュース

上記のように報道されており、教頭先生に対しても児童に対しても様々な声があがっています。

しかし、この学校に通っている保護者の方の証言で、「教頭先生は悪くない」と擁護する人も非常に多いです。

この教頭先生は非常にいい先生で、誰に対しても分け隔てなく優しいとのこと・・・。

そして、この児童については普段から落ち着きがなく授業妨害をすると、この方は証言されています。

また別の方も「この教頭先生は非常にいい先生だ」と証言されています。

  • この児童は問題児で有名
  • 親も地元で有名

さらに、この教頭先生と一緒に学校の役員をされたことがあるとのこと。

その時も非常に低姿勢で丁寧な言葉遣いだったと、この方は証言されています。

親にだけ良い顔をしているのでは、と訝しむ方もいるかもしれません。

しかし、この教頭先生は、この事件を起こした後に我に返って、自ら校長室へ行って、事の顛末を話しにいかれたそうです。

 

教頭先生は投げてない?新事実も発覚

さらに言えば、教頭先生は投げていないと証言する方もいらっしゃいます。

知り合いの子の証言によると、投げたのではなく、手から滑り抜けたのが事実だと言われています。

もしかしたら手首をつかんで廊下に連れ出した時に、児童が逃げようとした結果、しりもちをついた、が事実なのでしょうか。

また親は、教師らを家の中ではなく外の駐輪場で謝罪要求していた姿も目撃されています。

更にニュースでは「子供は学校が怖いと言っている」と報じられており、あたかも学校が悪いかのような印象を受けます。

なんでしょう、この違和感・・・

事実が報道によって捻じ曲げられている印象を受けます。

 

これらの話を聞くと、この事件について、全く別の印象を受けませんか?

きっと、もし本当に悪い先生なら、バレなければそれでいいとひた隠しにするでしょう。

大体の体罰事案は、長年体罰が続いていたものの、被害者からの証言で発覚する事案が多いです。

そんな中、この教頭先生は、自ら報告しに行き、適切な処罰を受けると覚悟されてるのでしょう・・・。

この問題児童については普段から問題行動を起こしており、普段から周りの児童の授業の妨害行為を行っていたのかもしれません。

そして担任の先生も、あまりにも手に余るので助けを求めにいかれたのではないでしょうか。

担任の先生も、「自分が助けを求めに行かなければこんな事には・・・」と責任を感じてらっしゃるかもしれません。

教育委員会の方々には事件の裏側も全て精査した上で、適切な判断を下してもらいたいと願わざるをえません。

 

まとめ

「東海市体罰小学校どこ?教頭は誰で名前と顔画像も調査!」と題して調査してみました。

教頭先生が小学校3年生の児童の腕をつかんで放り投げたそうですが、その小学校はどこなのでしょうか。

一部では教頭先生を非難する声もあがっており、名前や顔画像が気になる人もいるでしょう。

しかし、ニュースの詳細を見ると、個人的には教頭先生が120%悪いとも言い切れないのではと思います。

感情的になったのは良くなかったかもしれません。

しかし、だからと言ってどうすればよかったのか、自分がもしあの場にいたとしたら、カッとなる気持ちも分からないでもないです。

ある小学校の名前が候補にあがっていましたが、デマの可能性も高いので断定とまでは言えません。

教頭先生を擁護する声が非常に多く、非常に子供からも親からも人気の先生だったのでしょう。

この事件については、よくある体罰報道とは少し様相が異なるように感じられます。

教育委員会の方々には、事件の背景もしっかり精査した上で、教頭先生にも適切な対応が取られることを願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました