流浪の月の映画で気まずいシーンない?ベッドシーンや年齢制限も徹底調査!

流浪の月 映画 年齢制限 映画
Pocket

今回は「流浪の月映画は年齢制限ある?ベッドシーンや気まずいシーンはない?」と題して調査していきます。

広瀬すずさん、松坂桃李さん、横浜流星さんという、今大活躍している3人の役者が出演の映画「流浪の月」が、5月13日より公開されています。

2020年の本屋大賞を受賞した凪良ゆうさんのベストセラー小説とあって、原作を読まれている方も多いと思います。

こちらの映画がラブシーンがあるとのことなんですが、年齢制限は設けられているのでしょうか。

ラブシーンがあるとなると一緒に行く相手を合わせておきたいところですよね。

またお子さんとも一緒に行ける映画なのでしょうか。

そこで流浪の月映画は年齢制限あるのかや、ベッドシーンや気まずいシーンはないかどうか調査してみました。

 

流浪の月の映画は年齢制限ある?

流浪の月は、女児監禁の罪に問われた加害者とその被害者を取り巻く2人の物語です。

9歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生・佐伯文が、事件の15年後に再会し、2人に変化が生まれていきます。

こちらの映画は年齢制限は設けていないようです。

とはいっても、じゃぁ何歳からでも良いのかと言えば、そうではないでしょう。

何歳からであれば大丈夫そうか考えてみました。

 

流浪の月の映画は子供だと何歳から見れる?

あとで後述しますが、流浪の月ではベッドシーンなどの気まずいシーンもあれば暴力シーンもあります。

その点を鑑みると、何歳でもオッケーとは言い難い所です。

流浪の月の映画に年齢制限は設けていないものの、個人的には小学生には向かない映画のように思います。

映画の年齢制限でも以下のように3つの基準が設けられています。

 

  • PG12:12歳未満の鑑賞には保護者の助言や指導が必要
  • R15+:15歳未満の入場・鑑賞を禁止
  • R18+:18歳未満の入場・鑑賞を禁止。

 

お子さんによっては中学生でも厳しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

判断材料の一つとして、ラブシーンや気まずいシーンがどの程度あるのか感想も含めて調べてみました。

 

流浪の月の映画でベッドシーンや気まずいシーンはない?

年齢制限は設けられていないので、子供と観に行こうかなと思っている方いらっしゃいますよね。

しかしラブシーンのことを知らずに観に行ってしまった方からは、このような感想も聞かれていますので注意が必要そうです。

子供と見に行っていたらと思うとゾッとする。

ラブシーンがあるって知っていたら、子供とは観に行かなかったのに…

また彼氏とでもどうかな…と迷われている方には、こんな意見もありましたよ。

いわゆる「気まずいシーン」あり、夫とでも観にいけないかな…と思う映画でした。

 

 

ベッドシーンが多い上に、結構具体的なので 気まずくなりそうです…

映画の内容的には、素晴らしいという感想が多く、考えさせられる物語となっているようですが、ラブシーンや一部暴力シーンもあるとのことです。

ラブシーンというのは、ヒロインの更紗役である広瀬すずさんとその彼氏である亮役の横浜流星さんの演じたシーンです。

露出が多いわけではないようですが、時間もそこそこ長いシーンとなっているようです。

物語の中では、2人の関係性や更紗の心情を表すのに重要なシーンなのですが、中には気になった方もいたようです。

女児誘拐とありますが、幼女に対する性的なシーンはありません。

さすがに子供と見に行って幼女に対する性的なシーンがあったら気まずすぎますもんね。

その点は安心できますね

では暴力的なシーンはないのでしょうか?

 

流浪の月の映画で暴力シーンはある?

流浪の月の映画で、ベッドシーンがあるのは覚悟できたかと思います。

では暴力シーンについてはどうでしょうか?

暴力シーンですが、こちらも横浜流星さん演じる亮が更紗役の広瀬すずさん演じる更紗を蹴るDVのシーンがあります。

こちらの横浜さんの演技は圧巻とのことで、亮の人間性や内面を精密に表現しているそうです。

彼の弱さ故に暴力をふるってしまう心情が痛々しくなるとの声が非常に多かったです。

観ていて辛くなるくらいのシーンとなっているので、覚悟をしておいた方が良いかもしれないですね。

またこちらの2つのシーンは予告動画にもチラッと出ていたので、気になる方は参考にしてみて下さい。

 

流浪の月映画観に行った人の感想は?

こちらの映画は現代社会問題である、デジタルタトゥー、DV、ネグレクト、SNS中傷などの要素が深く入っています。

それに翻弄される人間の感情を丁寧に深く表現した考えさせられる映画となっているようです。

ラブシーンや暴力シーンはありますが、それよりもこれらのシーン含め、描写の素晴らしさ、役者の演技に感動したという方の感想の方が多かったですよ!

出演陣の演技の素晴らしさが光っています。更紗役の広瀬すず、あどけなさはもう全くなくなり、大人の演技が光っています。冒頭の濡れ場シーンにはドキッとさせられました。

ベッドシーンは更紗の心理が絶妙に描写されていて、さすがという感じでした。

横浜流星のDVシーン…ダイナミックなスケール感のある繊細な演技に、正直こんな演技もできるのかと驚いた。

圧倒的役者さんの演技力。脳裏に焼き付くような印象的なシーンが多かった。何度も息が詰まるような苦しさがあったけど、自然と涙が出てくる感じ。

 

映画全体の内容やテーマも重いですが、観た後に心に響く素晴らしい作品のようです。

物語に入り込みたい人は、大丈夫そうな相手を選んで観に行くのが良さそうですね。

 

まとめ

流浪の月映画は年齢制限あるのか、ベッドシーンや気まずいシーンはないかどうか調査してみました。

流浪の月は年齢制限は設けられていませんが、ベッドシーンやDVシーンがあり、一緒に行く相手次第では気まずくなる可能性があります。

しかし、ベッドシーンや暴力シーンはありますが、それよりもこれらのシーン含め、描写の素晴らしさ、役者の演技に感動したという方の感想の方が多かったです。

物語に入り込みたい人は、大丈夫そうな相手を選んで観に行くのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました