束の間の一花の読み方は?タイトル由来と意味も調査!

束の間の一花 読み方 ドラマ
Pocket

2022年10月から日本テレビ・シンドラ枠で放送される新ドラマの詳細が徐々に明らかになってきました。

若くして余命宣告を受けた男女の束の間の恋の物語を描く本作。

大学の哲学講義で「生きる意味」を説く青年、萬木昭史役にはSixTONESの京本大我さん、

余命宣告を受けながらも前向きな気持ちを失わずに生きるヒロインには藤原さくらさんが配役されています。

束の間の一花という作品名には難しい漢字が使われているわけではありませんが、読み方に迷ってしまうという方もいらっしゃるのでは?

また短くまとまったタイトルにはどんな由来や意味があるのかも気になりますよね。

今回は「束の間の一花の読み方は?タイトル由来と意味も調査!」というテーマで色々と調査と考察を行ってみました。

 

束の間の一花読み方は?

ずばり「束の間の一花=つかのまのいちか」と読みます。

束の間のという言葉から、何やら儚さがテーマの物語なのかなという印象を受けますね。

はじめて聞いた時、個人的にはリズムのいいタイトルだと思いました。

けど少し長いので、「花男」や「逃げ恥」のように通称として短縮した言い方が生まれるんでしょうか?

どんなキャッチーな略称になるのかも気になるところです。

 

束の間の一花タイトルの由来と意味は?

このドラマは同名のマンガが元となって制作されます。

作品のタイトルには作者の思いや、作品の内容を簡潔に表すキーワードが含まれていることが多いですよね。

なのでタイトルを掘り下げてみると、作品について考えたり深く理解したりすることにも繋がるはずです。

ここからは束の間の一花という作品名の由来やそこに込められている意味について考察していきたいと思います。

 

束の間の一花タイトルの由来

「束の間の一花」というタイトルの由来は「作中の重要なセリフ+ヒロインの名前」と考えられます。

まず一花(いちか)とは、ヒロイン千田原一花(せんだわらいちか)の名前からとっていると考えて間違えないでしょう。

この一花という女性の名前自体が儚くも強い印象を与えると思いませんか?

群れて咲く花でなく一輪だけで凛と咲いている花の姿と、普通の子たちと違う過酷な運命を背負ってひたむきに生きるヒロインの姿が重なって見えます。

 

そして「束の間の」という部分については原作の漫画から登場人物が「束の間の」と発言するセリフに答えを求めてみました。

原作最終巻である三巻で登場するセリフです。

メインキャラクターである萬木昭文が、こっそり夜忍び込んだ大学の野外ステージで最後の講義といった形で自身の人生や人生観について語る場面で登場します。

彼は生きる意味を追い求めながらも、人生について

「結局意味などなくて僕たちの一生は束の間なんだ」

と語ります。

物語の中でも終盤のとても重要なシーンですし、若くして余命宣告を受けた二人の至る境地や心情をよく表しているセリフですよね。

そんな物語のポイントを握る一文からとったのが束の間というワードなのかなという気がします。

 

束の間の一花タイトルの意味

タイトルの意味については、見る人によって様々な解釈をゆるしてくれるタイトルだと思います。

 

この物語は若くして不治の病にかかってしまった二人の物語。

両者ともに与えられた時間がほとんど残っていないような状態で知り合い恋に落ちるのです。

二人の人生自体が束の間であることはさることながら、二人で過ごす時間も束の間です。

けれどもそんな限られた短い時間の中で、萬木先生と一花はお互いを思いやり・支えあい、かけがえのない時を過ごすのです。

その束の間の時間の儚い輝きが、この作品が描き出す世界でありメッセージ。

誰もが与えられた「今」という一瞬を思うままに生き抜くことで、束の間である人生を輝かせることが出来る。

束の間の一花というタイトルには原作者タダノなつ先生のそんな思いが込められているのかもしれません。

 

もう一つの見方として「束の間の一花」という表現が、萬木先生から見たヒロインそのものを表した言葉にも見えます。

植物の花が咲いている時間ってとても短いですよね。

短いけれどそこに咲いているだけで見るものを楽しませ、心を癒してくれます。

そんな花の一生と、短い人生だけど明るさを失うことなく「今」を生き抜いているヒロイン千田原一花の姿。

一緒にいられたのは短い間だったれども、萬木先生にとって彼女は人生の最期を明るく彩ってくれた一凛の花そのものだったことでしょう。

 

まとめ

「束の間の一花の読み方は?タイトル由来と意味も調査!」ということで記事をまとめてみました。

束の間の一花の読み方はマスターできたでしょうか?

またタイトルの由来や意味についても考察してみましたが、いかがでしたか?

短い人生を強いられた二人の儚い命の煌めきや、限られた時間をお互いを支えにして精いっぱい生き抜いた彼らの物語を表すのにピッタリのタイトルですよね。

病気や死生観など少し難しいテーマを扱う本作ですが、大切なメッセージを我々に届けてくれるでしょう。

10月からの放送が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました