長岡花火2022雨でもやる?雨の場合傘さしてもいいのか調査!

長岡花火 2022 雨でもやる 時事ネタ
Pocket

「長岡花火2022雨でもやる?8月3日雨天延期の可能性は?」と題して調査してみました。

長岡花火が2年ぶりの開催となり非常に楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか。

初日の8月2日、非常にきれいな花火を見て心が洗われた人も多いでしょう。

ですが、残念ながら8月3日の予報は雨・・・。

雨でもやるのか?中止になる?それとも延期?気になる事だらけですよね。

もし仮に雨でもやるとなった場合、傘は差しても良いのか?と思いますよね。

早速詳しく調べてみました。

 

長岡花火2022雨でもやる?

2022年開催の長岡花火ですが、雨でもやるのでしょうか?

結論からいうと、雨でもやります!

だがしかし、「少しの雨なら」と公式サイトに注意書きがあります・・・。

雨天決行。少しの雨なら、花火を打ち上げます。

(引用元:https://nagaokamatsuri.com/beginner/faq/)

では、8月3日の雨がどの程度なのか・・・非常に気になりますよね。

明日の天気予報を見てみたところ、18時台は強い雨・・・!

なおかつ降水量は16㎜と記載があります。

16㎜ということは、ちょっと弱い土砂降り程度。

ものすごい豪雨という訳ではないので、延期にならない可能性の方が高そうです。

現に長岡花火は例年開催されていますが、過去中止になったのは3回だけ。

  • 1998年:豪雨のため
  • 2020年・2021年:新型コロナウィルスの感染防止のため

以上の点を考えると、8月3日は雨で中止になる可能性は低いように思われます。

とはいっても本当に開催するのか?非常に気になるでしょう。

早速詳しく調べてみました。

 

長岡花火2022開催かどうかいつ分かる?

では8月3日の長岡花火が本当に開催されるのかどうなのか?非常に気になりますよね。

開催されるかどうかは、当日の朝7時にアナウンスがあります。

公式からのアナウンスがあるまでは本当に開催するかどうかは何とも言えません。

過去3回しか中止していないこと、また2年ぶりの開催と考えると、よっぽどの事がない限りは開催されるのでは?と思います。

では一体、よっぽどの事=延期になる場合は、どんな場合なのでしょうか。

 

長岡花火2022延期になる場合は?

公式サイトによると以下のように記載があります。

  • 大雨で信濃川が増水して、花火の筒に影響がある時。
  • 台風なみの強風で、打ち上げた玉が風で流される危険がある時。

つまりは、信濃川が増水するぐらいの豪雨の場合や、台風の場合に延期になる可能性が高いです。

河川が氾濫するほどの雨といえば、1時間で100ミリ以上の降水量だと思われます。

そう考えると、予報では16㎜程度なので、やはり延期にならない可能性の方が高そうです。

まして風速についても3Ⅿなので、そこまで強くないでしょう。

では、雨が降った場合、傘をさしてもいいのか?気になる所。

早速詳しく調べてみました。

 

長岡花火2022雨の場合傘さしてもいい?

長岡花火は、少々の雨や風では延期にならず開催されることが分かりました。

では、雨が降った場合は傘をさしてもいいのか気になる所。

調べたところ、他の方の迷惑になるため傘の使用はご遠慮下さいと、公式サイトに記載があります。

確かに長岡花火ほどの大規模な花火大会となると人出も非常に多いでしょう。

傘をさしていると邪魔になる可能性も高そうです。

そうなると雨の場合はどうするのがベストなのでしょうか?

早速調べてみました。

 

長岡花火が雨の場合に必要なものは?

雨の場合の花火大会の観覧方法について説明していきます。

せっかくの長岡花火!準備万端で臨みたいですよね。

夏休みの思い出に家族で見に行かれる方も多いことでしょう。

今のうちに前もって準備しておくことをオススメします!

  • カッパ
  • タオル数枚
  • 傘(※観覧中は不可)
  • 子供の着替え
  • レジャーシート
  • 防水スマホケース
  • ジップロック数枚
  • 大きなビニール袋

最低でもカッパは必要になりますね!

また雨の場合、想像以上に濡れる可能性もあるので、タオルやジップロックなどは欲しいところ。

さらにいえば、せっかくの花火なので、防水スマホケースもあった方がいいですね。

ほとんど100均でそろえることができるので、長岡花火大会に行かれる前に準備しておきましょう!

 

まとめ

「長岡花火2022雨でもやる?雨の場合傘さしてもいいのか調査!」と題して調査してみました。

8月3日に雨が降る予報ですが、雨でもやるのか?もしやったとしたら雨の場合傘をさしていいのか?気になりますよね。

調べたところ、少々の雨の場合は中止になることも延期になることもなく、雨天決行になります。

8月3日の降水量や風速を考えると、信濃川が増水するほどの雨でもなければ、花火が流れるほどの強風でもありません。

そう考えると雨天決行となる可能性が非常に高いでしょう。

その場合は傘をさしての観覧はできないので注意が必要です。

タオルやカッパ、ジップロックや防水スマホケースなど準備しておきましょう!

せっかくの長岡花火大会なので、万全の準備をして観覧してくださいね^^

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました