ジャニーズライブ申し込み取り消しで次が当たりにくい?空席ペナルティでブラックリスト入り?

ジャニーズ 申し込み取り消し 当たりにくい ジャニーズ
Pocket

常に高い人気を誇るジャニーズタレント・グループ、ライブを観に行きたければFC入会はもはや必須と言えます。

チケットの抽選に関しては「申し込み取り消しすると次が当たりにくいらしい」とか

「空席ペナルティで名義がブラックリストにのる」だとか色んな話を耳にします。

気になるこれらのうわさは本当なのでしょうか?

今回は「ジャニーズライブ申し込み取り消しで次が当たりにくい?空席ペナルティでブラックリスト入り?」と題して情報を集めてみることにしました。

当選率やキャンセルに関して気になることがあるという皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

 

ジャニーズライブ申し込み取り消しで次が当たりにくい?

ライブの申し込みを取り消したら次から当選しにくくなるというのはただの噂のようです。

入場券の抽選は申込み締め切り後に行われるでしょうから、定められた申し込みの期間内であれば、キャンセルしても運営側に迷惑がかかるわけではありませんからね。

実際に世間の声をチェックしてみても、

「(予定の変更が多いのでキャンセルをよくするが)取り消しをしたせいで当選しにくくなったという実感はない」

「(変更事項があったので)一度取り消した後に再度申し込みしたが、あたった」

など定められた期間内の取りやめと次回からの勝率には関係がないという意見が多いです。

 

申込みの取消の手順は次の通りです

  1. 該当ライブの「申込確認」を選択
  2. キャンセルしたい申し込みの「お申し込みの取り消し」を選択
  3. 「お申し込みの取り消し」に書かれた注意書きをしっかり読み、納得したら「申込を取り消す」を選択
  4. 「お申込みを取り消しました」の画面が出てくれば手続き完了

ひとたび取消手続きが完了するとそのデータは元にはもどらないのでご注意下さい!

 

申し込み内容の変更のやり方

はじめに申し込んだ時点から、日程やなどをかえたいという事態は誰にでも起こり得ることです。

そのような時にはいったんもとの申込みを取りやめてから定められた期間内に再度新規で申し込みしなおすことになります。

この際期限ギリギリに手続きをすると、時間切れで再申込の手続きが最後までできなかったかったというトラブルが起こりえます。

タイムオーバーで辛酸をなめることにならないよう、変更は時間に余裕をもって行いましょう

 

ジャニーズライブ空席ペナルティでブラックリスト入りはある?

運営側としては会場に出来るだけ空席を作りたくないという思いがあるのは想像がつきますよね。

ステージに立つ側も空席があると悲しいでしょうし…

いかし観客も人間ですから急な予定が入ったり、イベント当日体調を崩したりしていけなくなることもあるはずです。

ここからはキャンセルや、空席を作ったら罰則やブラックリスト入りなどがあるのかどうかについて調べてみたいと思います。

 

ジャニーズチケットを当選後にキャンセルする

せっかく当たったライブなのでキャンセルするのは辛いですが、急な仕事が入ったり体調を悪くしたりと、やむをえない場合もありますよね。

抽選にあたった後に参加を取りやめなければならなくなった場合、状況に応じ次の2パターンの対処法があります。

  • 代金支払いをしない
  • 代金を支払って公演には行かない

それぞれのパターンについて詳しく見ていきましょう。

 

代金支払いをしない

応募が通った場合、その後は代金の支払いという流れになりますよね。

支払いには期限が定められていると思いますが、それまでにお金を払わなければ当選した席はキャンセルとして扱われます。

この場合、払い込みのなかった分の席は復活当選や一般発売に回ります。

ファンの経済的負担という観点から言うと、行けない公演のチケット代を払わなくて済み、また取消料なども請求されないためダメージがなくて済みます。

かたや運営サイドからすれば、再度抽選をする手間や券が売れ残るリスクが増えたことになりますよね。

そういう意味で事務所にネガティブな印象を与えかねないと言えそうです。

 

代金を支払って公演には行かない

代金の支払いを行った上で、当日公演に行かないという方法もあります。

この方法をとると、代金及びチケット自体は無駄になります。

もちろん会場ではあなたのために用意されていたシートは空き席となてしまうので、歓迎されるものではありません。

しかし、開催者側にしてみればこの方がダメージは少ないと言えます。

なので、ご自身のFC名義が当選チケットのキャンセルによって今後の抽選に弱くなるのは絶対に避けたいという人は、料金を支払った上でコンサートへ行かない方がマシかもしれません。

 

当選キャンセルは空席ペナルティでブラックリスト入りする?

世間の声や公式の規約を参考にして考えられることは、

当選→支払いをしないという方法でのキャンセルを何度も繰り返した場合、ブラックリスト入りする可能性は否定できないので注意しようということです。

 

まず公式のチケット販売規約を参照すると

(支払い期限までに申込者または購入者による必要料金の全部または一部の支払いがなされずにキャンセルになった場合)「当社は以後の本サービスの利用をお断りすることがあります」

ジャニーズチケット販売規約より抜粋

引用元:https://www.fc-member.johnnys-net.jp/page/jfc_ticket_Agree

と書かれています。

なので、チケット当選後の料金未払いは可能な限りしないほうがいいでしょう。

しかし誰にだって、応募したイベントに行けなくなる事態は十分に起こり得ますよね?

それは運営者もわかっていると思うので、たった一度のキャンセルで即ブラックリスト入りというのは考えにくいと思います。

しかし、もしも当選→料金未払いが何度も繰り返されるようなら話は別でしょう。

あくまでウワサですが「当選→代金未払いを繰り返した場合どうなるのか」についてファンクラブに問い合わせたという人が、

「(将来のイベント等の)抽選の対象から除外される」という回答をもらったという話を耳にしたことがあります。

一度くらいならば「やむを得ない事情があったのだろう」と考慮してもらえても、

何度も繰り返しとなると、向こうもそれなりの対応を取らざるを得ないのかもしれません。

ご自身の名義を抽選に弱いものにしないためにも、当選チケットのキャンセル、特に料金不払いキャンセルは出来るだけしないほうが賢明と言えそうです。

 

まとめ

「ジャニーズライブ申し込み取り消しで次が当たりにくい?空席ペナルティでブラックリスト入り?」というテーマで色々と調査&考察をしてみました。

人気の高いジャニーズのチケットを申込み取り消しすると、次から当たりにくいという話はあくまでもウワサのようなので心配しなくて大丈夫でしょう。

しかし当選後にキャンセルするとなると、やり方によっては空席ペナルティでブラックリスト入りする可能性もあると考えられるので注意が必要です。

当選したら取消しなくていいように、出来る限りしっかりと計画をたてて応募するのが一番いいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました