イベント割イオンシネマ対象になる?購入済みチケットでも安くなるか調査!

イベント割 イオンシネマ  お出かけ情報
Pocket

政府が新型コロナウイルスにより多大なダメージを受けたスポーツや文化芸術分野の救済策として始めたイベント割。

開始直後ということもあり、ニュースなどでも盛んに取り上げられています。

しかし一体どこで、どうやって購入すればよいのか、既に購入済みであるチケットも安くなるのかなど、いまいちわからない点も多いのが現状です。

TDRやUSJなど制度が適用される施設の名前も耳にしますが、我々にとって一番身近な娯楽施設である映画館・イオンシネマでは利用できるのでしょうか?

今回は「イベント割イオンシネマ対象になる?購入済みチケットでも安くなるか調査!」と題し色々と調べてみました。

 

イベント割イオンシネマは対象になる?

2022年10月13日の時点では、イオンシネマが当キャンペーンの登録事業者として登録されているという情報はありません

経済産業省が運営する公式サイト、イオンシネマ公式サイトの双方で確認してみましたが、現在のところは含まれていないようです。

しかし経産省のサイトによれば、イベント登録期間は2022年9月26日~2023年1月17日(ただし予算に達したら早めに終了となる可能性あり)と設定されています。

ということは、これから先にイオンシネマが申請して登録されるORもうすでに申請していて審査の結果待ちなどの可能性も十分あり得ます。

公式からの情報をまめにチェックするようにしましょう♪

 

イベント割対象施設に映画館は含まれる?

映画館は対象に含まれています

経産省のサイトで対象として挙げられているのは

  • 音楽コンサート
  • スポーツ観戦
  • 伝統芸能
  • 演劇
  • 美術館
  • 博物館
  • 映画館
  • 遊園地・テーマパーク等

なので将来的にイオンシネマでも利用できる可能性は十分にあるのです。

 

イベント割・イオンシネマはいつからいつまで?

当事業の期間は2022年10月11日~2023年1月31日です。

イオンシネマの場合は今のところ参加か否かが未発表の状態ですが、参加するとなればそれが公表されてから事業終了日の1月31日になると思われます。

映画鑑賞は誰にとっても一番身近で気軽に楽しめる娯楽の一つ。

この冬公開の話題のタイトルを安く観られると嬉しい人は多いと思うので、是非ともイオンシネマが登録されますように!

 

イベント割・イオンシネマのチケット購入方法は?

イオンシネマが参加することになった場合、イオンシネマのHPやチケットぴあ、LAWSONチケット、ムビチケなどから買えることになるのではないかと考えられます。

事業のオフィシャルサイトを覗いてみると、

「登録チケット販売事業者から対象チケットを購入する」ことで特典を受けられるとあります(一回の購入につき5枚まで)。

チケット販売会社とはぴあやローチケなどでしょうから、これらの会社が登録されればそこらから買えばいいわけです。

では、「劇場で直接購入したらいけないの?」

という疑問が湧いてきます。

Q&Aコーナーを見てみると、

「会場で直接チケットを購入する場合も割引対象か」という問いに対し、

「主催者がチケット販売事業者を兼ねていて、当事業に登録済み、かつイベント・チケットが要件を満たしている場合は会場で直接購入できる」といった旨の回答を掲載しています。

なので、イオンシネマから直接、窓口で買えることも考えられます。

実際にキャンペーンが始まっている各社を参考にしてみるとTDL・USJはネット版売のみ、福岡アンパンマンミュージアムは窓口販売などそれぞれ対応の仕方は様々です。

これについてはイオンシネマの公式情報を確認したほうが良さそうですね。

また作品によって特典利用できるものと出来ないものが出てくるかもしれません、イベント割対象のチケットかどうかしっかりチェックしてから買うようにしましょう。

 

イベント割でイオンシネマの値段いくらになる?

割引率は20%(上限2000円)となります。

イオンシネマが対象となったらどれくらいで映画が鑑賞できるようになるのでしょうか?

イオンシネマ ワンダーの料金表を参考に計算してみました。

通常価格 2割引き後の価格
一般  \1800 \1440
大学生  \1500 \1200
小・中・高生  \1000 \800
幼児(3歳~)  \900 \720
障がい者割引き  \1000 \800

映画のチケットはもともとそこまで高価なものでもないので、20%安くなったところでそこまでお得感はありませんね。

しかし、仮に家族4人(一般2名、小学生2名)で行くと全員分合計で\1120お得になります。

イオンシネマのロビーで買えるポップコーンペアセット

  • ポップコーンL
  • ソフトドリンクM×2

劇場内飲食・テイクアウェイの場合\1150(ロビーの椅子・テーブル利用だと\1170)なので、

浮いたお金に\30プラスすればこのポップコーンペアセットを買ってみんなで分けて食べながら映画が楽しめます。

どこを見ても値上げ値上げの昨今、ささやかですが嬉しいですよね。

 

イベント割・イオンシネマ独自割引との併用はできるの?

併用できる可能性は高いです。

公式曰く、学割やシニア割などのディスカウント付きチケットも

事業者独自の割引として扱うため対象となります。

引用元:https://webfaq.wakuwari.go.jp/faq/show/782?category_id=4&site_domain=default

とあるので制度上問題ないことは間違えないですね。

しかし実際の利用にあたっては各社の発表を確認して欲しいと但し書きされているので、実際に適用されるかどうかは各社の判断によるということです。

もしイオンシネマで適用されることになった場合を計算してみましょう。

通常価格 2割引き後の価格
ハッピーファースト(毎月1日) \1100 \880
映画の日(12月1日) \1000 \800
ハッピーマンデー(毎週月曜) \1100 \880
ハッピー55(55歳以上) \1100 \880
ハッピーモーニング(平日朝10時第までにスタートする作品) \1300 \1040
ハッピーナイト(毎日夜8時以上スタートの作品) \1300 \1040
夫婦50割引き(片方が50歳以上の夫婦) \2200 \1760
お客様感謝デー(毎月20、30日+イオンマークのクレジットカード) \1100 \880
イオンマークのクレジットカード特典(同カードでの支払いで会員本人と同伴者一名)  

一般料金が\1800の場合\1500

\1300

※詳しいお得サービスの情報はイオンシネマ公式ページで確認してください。

大の大人が800円代で映画を見られるようになるなんて、これは嬉しい。

ちなみに通常の一般価格\1800であることを考えれば1000円程度得することになりますよね。

浮いたお金で帰りにいつもよりちょっと豪華なご飯を食べて帰れそうです♪

是非イオンシネマさんにはこの事業への参加+独自割引との併用を叶えて頂きたい!

 

イベント割イオンシネマ・陰性証明提出など利用の条件は?

フィジカルに開催される催し物の場合、

  • 来場者のワクチン接種歴(3回以上完了)
  • 陰性の検査結果

の提示が必須です。

※オンライン開催イベントの場合にはこの限りではありません。

イオンシネマの場合、劇場を訪れての鑑賞となるわけですからこれらの証明書を準備しなければなりません。

またそれぞれの主催者によって独自の安全対策を求められる場合も考えられるので、来場前にしっかりとチェックするようにしましょう。

 

イベント割イオンシネマ・購入済みチケットも安くなるの?

安くなる可能性や方法はあります

まず政府の定める原則としては

当事業の開始前に購入済みのものに関しては、適用対象外となっています。

なので、既に入手したチケットから割引分の差額が返金されるということはないと思われます。

しかし、企業によっては払い戻し・変更を受け付けることで実質購入済みチケットにイベント割を適用させてくれるところもあるのです。

代表的なのが、TDRやUSJ。

USJの場合を例に挙げると、2022年10月7日までに購入しているお客さんを対象に以下のような対応をしています。

お客さんに以前買ったものと入場日が同日であるイベント割スタジオ・パスを新たに買ってもらい、古い分の料金を払い戻すというやり方で実質購入済みチケットにイベント割を適用させる方法を提供しています。

なのでイオンシネマが参加することになった場合、企業の判断次第ではこのような配慮がなされるかもしれません。

 

まとめ

「イベント割イオンシネマ対象になる?購入済みチケットでも安くなるか調査!」というテーマで情報をまとめてみました。

イオンシネマは今のところイベント割への参加を発表してはいません。

また購入済みチケットが安くなるかについても、各企業の判断によりますが、TDRやUSJのように変更・払い戻しを行っているところもあるので希望はもてますね。

映画鑑賞は全国誰でも楽しめる、我々にとって身近な娯楽です。

シネマファンや最近劇場で映画を見ていないななんて方のためにも是非イオンシネマが検討してくれるといいなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました