肥満と身長の伸びの関係性とは

 

身長の伸びにはさまざまな要因が複雑に絡み合い、成長へとつながります。ですが、その身長の伸びを妨げるものがあるとすればとても気になりますね。

 

実は、肥満が身長に影響を及ぼすのではないかという説があることをご存じでしょうか。肥満と身長の関係について見ていきましょう。

 

肥満

 

肥満と身長の関係

 

肥満と身長に実は深い関係あることをご存じでしょうか。実は肥満気味の子供は、身長の伸びに影響を与えるかもしれないと言われているのです。その原因は、「成長ホルモン」という身長を伸ばす働きのあるホルモンにあると言われています。

 

成長ホルモンとは

成長ホルモンは、性ホルモンや甲状腺ホルモンと並び、三大ホルモンのひとつとされるホルモンです。

 

認知症を予防する物質の分泌を助けたり、美肌、ダイエット効果など女性が嬉しい働きまで、さまざまな効果を持っているホルモンなんです。

 

身長を伸ばす働きのある物質「IGF-1」を活発にさせる働きもあり、成長ホルモンが十分に文分泌されることで、身長の伸びをサポートすることができると言われています。

 

肥満気味だと成長ホルモンの分泌が鈍ってしまう?

 

肥満気味の子供は、身長を伸ばす働きのある成長ホルモンの分泌が抑制されやすくなると言われていますが、その理由とはどのようなものなのでしょうか。

 

脂肪燃焼に使われてしまう

成長ホルモンには身長アップだけでなく、さまざまな働きがあります。その中には、ダイエット効果もあるんです。肥満気味になると、成長ホルモンが脂肪の燃焼に優先されて使用されてしまうことがあります。

 

思春期の訪れが早くなる

体が大きいと思春期の訪れが早い場合が多いと言われています。思春期は、いわば身長が伸びる最後のチャンス。そのチャンスが早く訪れることで、身長が伸びる期間が短くなってしまうのです。

 

性ホルモンが活発化する

肥満気味の子供は、思春期が早く訪れるケースがありますが、思春期が訪れると、性ホルモンというホルモンが活発化し始めます。

 

身長は、骨の端にある軟骨、「骨端線」が破壊と修復を繰り返すことで伸びていく仕組みですが、この性ホルモンは、骨端線を早く閉じさせてしまう働きを持っているのです。そのため、身長スムーズに伸びなくなってしまう可能性があります。

 

このような理由から、肥満は、身長の伸びに少なからずいい影響を与えないことが分かります。肥満気味のお子さんを持つ親御さんは、肥満の解消をサポートしてあげることをおすすめします。

 

結論

 

肥満は、成長を促進させるホルモンを抑制し、また身長の伸びを抑制させるホルモンを活発化させる恐れがあります。

 

子供の身長の伸びには個人差があり、それもひとつの個性ですが、肥満が気になる場合には、できるだけ肥満を解消することで、身長の伸びをスムーズにさせる効果があると考えます。規則正しい生活、運動や睡眠とともに、バランスのとれたメニューで、肥満解消のサポートをしてあげてください。

 

人気No.1の栄養補給ドリンク

 

アスミール

 

楽天ランキング1位、成長期飲料ランキング1位の人気ドリンク。コップ1杯で成長期に摂りたい栄養をカバーできるので、偏食や小食のお子さんにおすすめです。
当サイトからのお申込で 初回限定50%オフ 2,050円 (約1か月分)

⇒ 当サイトによるアスミールの解説をもっと読む

⇒ アスミールの公式サイトで詳細を確認する