必須ミネラル亜鉛の働き

 

身長を伸ばすために必要な栄養素の一つとして亜鉛が挙げられます。主要なミネラルの一つとして食品成分表や食事摂取基準にも掲載され、とても認知度の高く重要な栄養素です。

 

健康維持のために亜鉛が必要であるということは言うまでもありませんが、身長を伸ばすということに亜鉛が関係しているということを知っている人はそう多くはないでしょう。それでは亜鉛についての体内での主な働きと、身長を伸ばすこととの関係性について説明していきます。

 

亜鉛ってどんな栄養素?

 

毛髪

 

亜鉛の体内での量は約2gとわずかで、血液や皮膚などに多く存在しています。その他、腎臓・肝臓・脳・毛髪・骨など、細胞の生まれ変わりが盛んに行われる場所に多くあります。

 

私たちの体内には、体を動かすエネルギーを作り出すための、炭水化物やタンパク質、脂質の代謝サイクルがあります。この代謝サイクルを円滑に操作するためには、いくつもの酵素が必要なのですが、その材料となっているのがミネラルの一つである亜鉛です。

 

亜鉛がないと酵素を作り出すことができず、代謝サイクルが上手く稼動せず、様々な症状が現れるようになります。亜鉛は200種類以上の酵素を構成する重要な成分であり、私たちの体には必要不可欠の栄養素なのです。

 

亜鉛の働き

 

  • 味覚を正常に保つ

舌の表面には味を感じるための味蕾(味蕾)という細胞があり、成人で約3000個にもなります。この味蕾は短期間で新しい細胞と入れ替わりが行われていますが、この入れ替わりに必要な栄養素が亜鉛です。亜鉛が不足してしまうと新しい味蕾を作り出すことができず、食事をしても味を感じない問いった味覚障害を起こします。美味しく食事をとるためにも亜鉛は欠かせない栄養素です。

 

  • 抜け毛を予防する

細胞の生まれ変わりが盛んな場所に多く存在する亜鉛は、頭皮や毛髪の生まれ変わりを促し、過度な抜け毛を防止する効果もあります。髪の毛の成分は主にタンパク質であり、亜鉛はタンパク質の合成をサポートする働きがあるのです。

 

  • 生殖機能を維持する

亜鉛は生殖機能と深い関わりがあり、女性ホルモンの分泌の活性化や精子の形成に必要な栄養素です。

 

  • インスリンの分泌量を調整する

血糖値を下げるホルモンのインスリンは膵臓から分泌されます。このインスリンの合成に亜鉛は欠かせない栄養素で、不足することで血糖値の調整が上手くできなくなり、低下や上昇などの乱れを引き起こします。

 

  • 二日酔いを防ぐ

お酒を飲むとアルコールを分解するためにアルコール脱水素酵素が働きますが、この作用に亜鉛は必要で、不足するとアルコールの分解が上手くいかず、二日酔いや肥満の下人となります。

 

  • 生活習慣の予防

インスリンの分泌による糖尿病の予防に効果的であるほか、コレステロールの上昇を抑制する働きもあります。動脈硬化を予防し、心筋梗塞や脳卒中などの血中脂質が原因となる生活習慣病の予防に効果的と言えます。

 

成長を促進する働きについて

 

亜鉛にはさまざまな働きがあり、私たちが生きていくためには欠かせない栄養素です。そして、身長を伸ばすという点でも重要な役割を担っています。新しい細胞を作り出す時には、DNAの情報をコピーしてタンパク質を合成するという反応が行われていますが、この過程は、亜鉛が構成成分となっている酵素により進行されます。

 

亜鉛は、細胞の生まれ変わりが行われる場所には必要不可欠な栄養素であり、身長を伸ばすための筋肉や骨の細胞分裂にももちろん関わっているのです。成人になってからでも、肌や胃腸の細胞は常に生まれ変わっていますので、もちろん亜鉛は私たちにとってずっと欠かせない栄養素です。

 

亜鉛が多く含まれる食品

 

亜鉛の1日に必要な量は、小学生で4〜6mg中学生で7〜8mg高校生の男子は9mg女子は6mg成人男性で8mg成人女性で6mgとされています。亜鉛は動物性食品に多いとされていますので、積極的に食事にとり入れ、不足がないように心がけましょう。

 

牡蠣

  • 牡蠣・・・100g中13.2mg
  • 豚レバー・・・100g中6.9mg
  • 牛肩肉・・・100g中4.9mg
  • 毛ガニ・・・100g中3.8mg

 

 

亜鉛は普通の食事で過剰症を起こすことはあまり考えられませんが、毒性が強く、大量に摂取すると急性中毒になる可能性もあります。あくまでも適量を目安として食事にとり入れてください。

 

また亜鉛の欠乏症としては、子供においては成長障害、大人では味覚障害や貧血、皮膚炎などを引き起こす場合があります。特に妊娠中は胎児の成長不良や奇形の原因ともなりますので、妊娠期で1mg授乳中では3mgの付加量が設定されています。

 

結論

 

亜鉛は私たちにとって必要不可欠な栄養素であり、体内で様々な働きをしています。味覚を正常に保つ、生殖機能の維持、皮膚の健康を保つ、抜け毛を予防するという働きのほか、もちろん成長にとっても欠かせません。

 

亜鉛は細胞分裂が行われ、新しい細胞が作られる時には必ず必要となる栄養素です。そのため、不足してしまうと、成長に影響が出てしまうだけではなく、味覚障害や皮膚障害などをもたらす可能性があります。自分の年齢に合った必要量を満たすための食事を意識して、不足することがないように日々心掛けることが大切だといえます。 ⇒身長を伸ばすために必要な食習慣

 

人気No.1の栄養補給ドリンク

 

アスミール

 

楽天ランキング1位、成長期飲料ランキング1位の人気ドリンク。コップ1杯で成長期に摂りたい栄養をカバーできるので、偏食や小食のお子さんにおすすめです。
当サイトからのお申込で 初回限定50%オフ 2,050円 (約1か月分)

⇒ 当サイトによるアスミールの解説をもっと読む

⇒ アスミールの公式サイトで詳細を確認する

関連ページ

身長を伸ばすアルギニンの効果とは
成長に必要な栄養素といわれるアルギニンの体内での働きや成長ホルモンとの関係性について解説。 また、アルギニンが多く含まれる食品と、その含有量や1日に必要な量について説明をしています。
子供の身長を伸ばすために効果的なカルシウムの摂り方
カルシウムの基本情報、体内での働きについて説明しています。また、1日に必要なカルシウムの量や、カルシウムが多く含まれる食品にはどのようなものがあるかまとめました。さらに、カルシウムの吸収率を高める栄養素と食品についても解説しています。
身長を伸ばすために効果的なタンパク質の摂り方
身長を伸ばすために欠かせない栄養素の一つとして、タンパク質の働きと、どのように成長に関わるかというメカニズムについてまとめました。 また、タンパク質の推奨量と、多く含まれる食品と効果的な摂り入れ方について説明をしています。
成長期に子供がジュニアプロテインを飲むと身長を伸ばすことか?出来るのか?
ジュニアプロテインの基本情報、含まれているタンパク質やカルシウム、鉄分などの働きや量について解説。 また、子供に見られる食生活における問題点と、ジュニアプロテインの効果的なとり入れかたについてまとめています。
身長とビタミンの関係
13種類のビタミンの種類について説明し、その中で特に身長に関わる5つのビタミンの働きやメカニズム、不足した時に見られる症状などについて解説をしてます。 また、どのように食事にとり入れたら良いのか、多く含まれる食品や食事の工夫についてまとめています。