5大栄養素のひとつビタミンと身長の関係性


身長を伸ばすためには、食事はとても重要な要素であり、バランス良く色々な栄養素を摂取することが大切です。中でも、カルシウムタンパク質は特に重要とされ、身長を伸ばすための栄養食品やサプリメントにもこの2つの栄養素を強調しているものを見かけることが多いでしょう。

しかし、身長を伸ばすためには、他にも色々な栄養素が重要で、その中の一つとしてビタミンが挙げられます。ビタミンはさらに細かく分けることができ、全部で13種類ものビタミンがあります。それぞれが性質や働きなどが異なるので、ビタミンという一つの栄養素としては語れない部分が多くあります。

それでは、このビタミン類の中でも、身長を伸ばすという点において深く関わっている種類と、どのような役割があるのかについて説明していきます。

緑黄色野菜


ビタミンってどんな種類があるの?


ビタミン全13種類は、まず大きく分けて水溶性ビタミン脂溶性ビタミンに分けることができます。

水溶性ビタミン(9種類)・・・ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12 ナイアシン酸 パントテン酸 葉酸 ビオチン ビタミンC
脂溶性ビタミン(4種類)・・・ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK

水溶性ビタミンは水に溶けやすい性質を持ち、過剰に摂取しても尿として排出されるため副作用が出る心配はありません。一方脂溶性ビタミンは油に溶けやすく過剰摂取をすると副作用として頭痛や吐き気などの症状が見られることがあるので注意が必要です。

私たちが健康を維持する上では、もちろん全てのビタミンが必要となりますが、特に身長を伸ばすことに関係しているビタミンはこれら5種類です。

きのこ

  • ビタミンD
  • ビタミンC
  • ビタミンK
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12


身長を伸ばすメカニズムとビタミンの関係


それでは5種類のビタミンが、身長を伸ばす働きに関してどのように作用しているのか、メカニズムについて見ていきましょう。

ビタミンD

ビタミンDは最も身長に関係しているビタミンです。体の中にカルシウムがとり入れられると、小腸で吸収されます。その吸収を促進するのがビタミンDで、不足すると骨軟化症骨粗鬆症、子供では筋肉痛や骨の痛みが見られるくる病となるリスクが高まります。

また、ビタミンDそのものにも骨芽細胞を刺激して骨形成を促す作用があります。ビタミンDは魚やきのこ類などの食品から摂取することもできますが、日光を浴びることで体内で合成することができるビタミンです。

食事からのビタミンDの摂取を意識できていないと、家に閉じこもりがちだったり、過度に日焼け対策をしている人はビタミンDが不足してしまう傾向にあります。普段から適度に外に出て、日光を浴びるように心掛けることも大切です。

ビタミンC

タンパク質であるコラーゲンは骨の強度を支える重要な成分です。骨を強くするためにはカルシウムで骨密度を上げるだけではなく、コラーゲンで骨質を高めてあげる必要があります。

そのコラーゲンの生成に関わっているのがビタミンCです。ビタミンCが欠乏すると、コラーゲンの生成量が低下し、骨がもろくなってしまいます。ビタミンCは水溶性のため、蓄積することができないので、日々積極的に摂取するように意識したい栄養素です。

ビタミンK

ビタミンKは骨代謝を調節する働きに関わっています。骨の成分となるタンパク質としてコラーゲンの次に多いのがオステオカルシンという物質です。このオステオカルシンの合成にはビタミンKが必要で、カルシウムが骨から流れ出すのを抑制し、骨の石灰化を助けて骨を丈夫にする役割があります。

ビタミンB6

成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸としてアルギニンが挙げられますが、このアルギニンの合成をサポートしているのがビタミンB6です。アルギニンを摂取してもビタミンB6が不足していると、体への吸収がしっかりと行われません。

ビタミンB12

葉酸やビタミンB12はコラーゲン同士を丈夫に正しく結合されるという部分と、成長ホルモンを分泌させるために必要な良質な睡眠をとるために欠かせないビタミンです。ぐっすりと眠るためにはメラトニンという成分が十分に作用することが必要です。このメラトニンの分泌促すのがビタミンB12です。

ビタミンを効率良く摂るには?


このように、身長を伸ばす上では色々なビタミンが関わっていることがわかりました。ビタミン類は色々な種類があるため、この食品だけを摂っていれば良いという限定されたものはありません。

しかし、比較的多く含まれているものとしては、緑黄色野菜を挙げることができます。キャベツやレタスなどの色の薄い野菜は比較的ミネラル類が多く含まれていますが、ピーマントマトなどの中まで色の濃い野菜はビタミン類がたっぷりです。

日本人は野菜の摂取量が不足されていると報告されていますが、1日に必要な野菜の量は全体で350gです。その中でも緑黄色野菜は約1/3量にあたる120gの摂取を目安にしましょう。サラダなどの生野菜はボリュームが出てしまい量を摂るのが大変ですが、温野菜やスープに加えるなどの工夫をすることで、食べやすくなります。

ビタミンDにおいてはきのこ類にたっぷりと含まれているので、最低でも1日1回は食事にとり入れていくことをオススメします。

食の細いお子さんや野菜が苦手なお子さんの場合、ビタミン類やカルシウム、タンパク質などを理想的なバランスで摂ることのできる、ドリンクタイプのサプリメントもオススメです。 ⇒身長を伸ばすサプリメントランキング

結論


ビタミンは身長を伸ばすという点において、深く関わっています。特に重要なビタミンは、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB6、ビタミンB12の5種類です。毎日の食事のバランスを考えながら、これらのビタミンが不足しないように心掛けていくことが大切です。

特にビタミン類が多いとされる緑黄色野菜や、ビタミンDが多く含まれるきのこ類をしっかりととり入れられるように、主食・主菜・副菜の揃ったバランスの良い食事を意識してみましょう。

人気No.1の栄養補給ドリンク


アスミール


楽天ランキング1位、成長期飲料ランキング1位の人気ドリンク。コップ1杯で成長期に摂りたい栄養をカバーできるので、偏食や小食のお子さんにおすすめです。
当サイトからのお申込で 初回限定50%オフ 2,050円 (約1か月分)

⇒ 当サイトによるアスミールの解説をもっと読む

⇒ アスミールの公式サイトで詳細を確認する

関連ページ

身長を伸ばすアルギニンの効果とは
成長に必要な栄養素といわれるアルギニンの体内での働きや成長ホルモンとの関係性について解説。 また、アルギニンが多く含まれる食品と、その含有量や1日に必要な量について説明をしています。
身長を伸ばす亜鉛の効果とは?
成長に必要な栄養素である亜鉛の体内での働きや成長に関わるメカニズムについて解説。また、1日に必要な亜鉛の量と、過剰症や欠乏症の症状について説明し、亜鉛が多く含まれる食品を紹介しています。
子供の身長を伸ばすために効果的なカルシウムの摂り方
カルシウムの基本情報、体内での働きについて説明しています。また、1日に必要なカルシウムの量や、カルシウムが多く含まれる食品にはどのようなものがあるかまとめました。さらに、カルシウムの吸収率を高める栄養素と食品についても解説しています。
身長を伸ばすために効果的なタンパク質の摂り方
身長を伸ばすために欠かせない栄養素の一つとして、タンパク質の働きと、どのように成長に関わるかというメカニズムについてまとめました。 また、タンパク質の推奨量と、多く含まれる食品と効果的な摂り入れ方について説明をしています。
成長期に子供がジュニアプロテインを飲むと身長を伸ばすことか?出来るのか?
ジュニアプロテインの基本情報、含まれているタンパク質やカルシウム、鉄分などの働きや量について解説。 また、子供に見られる食生活における問題点と、ジュニアプロテインの効果的なとり入れかたについてまとめています。