プロテインと子供の身長の関係性

 

子供の身長について悩みを抱える親は多く、食事だけでは栄養素が不足しているのではないかと心配する声がよく聞かれます。そんな時に気になるのが身長を伸ばすためのサプリメントや栄養食品。現在では色々な種類のものが市販されていますので、どれにしたら良いか迷ってしまうことも多いでしょう。

 

プロテインは体に必要なタンパク質を手軽にとることができるサプリメントで、大人ではアスリートやダイエット中のタンパク質源として利用されます。ジュニアプロテインは成長期に必要なタンパク質を、食事の補助として活用するのが正しいとり入れ方です。それでは子供の成長をサポートするジュニアプロテインについて詳しく見ていくとともに、正しい活用法や、効果について説明をしていきます。

 

プロテイン

 

ジュニアプロテインってどんなもの?

 

大人がプロテインを取り入れるのは、日常的にスポーツをする習慣があったり、ダイエット中に効率よく脂肪を燃焼させるためなど、主に筋肉を増強するために用いられることが多いです。そのため、一般的な食品とはいえず、利用したことがない人も少なくありません。

 

一方、子供の場合は、特にスポーツを多くしたり、もちろんダイエットなどをしていなくてもプロテインを活用する機会は大人よりも多く、日常的にとり入れているという家庭も多いです。ココアやフルーツ味など、飲みやすい味に工夫されているので、スムーズに受け入れられるのも人気の秘密です。

 

ジュニアプロテインを始めるきっかけとしては、食事からバランス良く栄養素がとれているか不安だから、好き嫌いが多く食事の摂取量が少ないから、もっと身長を伸ばしてあげたいから、など様々な理由が考えられます。

 

ジュニアプロテインには、成長期に必要な栄養素がバランス良く含まれており、食事だけでは不足しがちな栄養素を手軽に補うことができます。それでは実際にどのような栄養素を摂ることができるのか見ていきましょう。

 

ジュニアプロテインに含まれる主な栄養素

 

  • タンパク質

筋肉血液を作る主要な成分。その他にも酵素やホルモンを作る材料となっています。成長期に必要なタンパク質の量は1日50g前後で、スポーツをする子供はさらにアップします。ジュニアプロテインに含まれるタンパク質の量は1食分で平均7gほど。これは卵1個分に相当します。

 

  • カルシウム

丈夫な骨を作るため、身長を伸ばすために必要な栄養素です。ジュニアプロテイン1食で、12〜14歳の女子の1日に必要なカルシウムの半分が摂れてしまいます。

 

  • 鉄分

成長期の子供に不足していると思われる栄養素の一つが鉄分です。特に女子は生理が始まると鉄の必要量が増加します。ジュニアプロテイン1食分の鉄分の量は約4.5gであり、1番必要量が多くなる中学生の女子の1日に必要な量の1/3を摂ることができます。

 

  • ビタミン類

ビタミン類は多くの種類があり、それぞれが体の様々な機能を調整する働きを持っていますが、野菜や果物の摂取が少ないといわれている日本人においては慢性的に不足しています。

 

ビタミン類の摂取が足りていないと、免疫力の低下や、骨が弱くなる、肌が荒れるなど色々な症状が出てきます。特に、骨の形成を助ける栄養素であるビタミンDが強化されているものが多く、カルシウムと合わせて摂取することでより効果的なものとなっています。

 

ジュニアプロテインを摂り入れてバランスアップ

 

子供の食生活における問題点

最近では、カロリーは足りているのに必要な栄養が不足している「新型栄養失調」の子供が増えています。これは、食事の簡易化が進み、ファーストフードやインスタント食品を日常的に摂取する機会が昔よりも増えていることが原因です。

 

インスタントラーメン

 

さらに、共働きの家庭が増えたり、インターネットやゲームなどの発展により、寝る時間が遅くなり、朝食を欠食してしまう子供が増えています。偏食や欠食が続いてしまうと、もちろん成長にとって必要な栄養素は不足してしまいます。

 

子供が身長を伸ばすためには、食事はとても重要であり、成長に必要な栄養素をできれば毎日、不足のないように摂取できることが理想です。このように食生活において様々な問題点があげられますが、ジュニアプロテインは子供の成長をサポートしてくれるという点でとても効果的なサプリメントです。

 

ジュニアプロテインの効果的な使用方法

 

まず気を付けておきたいのが、ジュニアプロテインはあくまで食事の補助として使用するということです。例えば、時間がないから朝食の代わりにと、1食の食事をプロテインだけにしてしまうのはカロリー不足となってしまいます。

 

プロテインは、3食の食事と、間食でもとることができない分の栄養を補うという使い方が理想的です。使用のタイミングは、運動をした後、おやつの時間、就寝前などがオススメで、牛乳や水に粉末状のプロテインを溶かして飲みます。

 

特にオススメなのは運動後で、タンパク質源となる食品を摂ることで、傷ついた筋肉の回復が早まり、より効果的な筋肉作りができます。牛乳もタンパク質が多く含まれている食品ですので、運動をした後は、牛乳とプロテインを合わせてとり入れてみましょう。

 

結論

 

家族団らん

 

成長期の子供がより身長を伸ばすためには、食事運動睡眠の3つの要素が重要となりますが、その中でも食事から成長に必要な栄養素を摂取することはとても大切です。

 

しかし、子供の食生活に対して心配な点はたくさんありますが、毎日しっかりと食事を管理していくのはとても大変と感じる親御さんも多く、成長に必要な栄養素を十分に摂れていないということが考えられます。そんな時に活用したいのが、手軽にとり入れられるジュニアプロテインです。

 

ジュニアプロテインには、骨を作るために必要なカルシウムや、体のあらゆる場所を構成しているタンパク質が豊富に含まれています。習慣としてジュニアプロテインの摂取を続けていくことで、食事だけでは崩れてしまいがちな栄養バランスを整えることが可能です。

 

食事からの栄養バランスに配慮することはもちろん基本ですが、きちんと管理できた食事を毎日続けていくことはかなり大変です。ジュニアプロテインを上手にとり入れていくことで栄養不足を解消し、身長をより効果的に伸ばすことが期待できます。 ⇒身長を伸ばすサプリメントランキング

 

人気No.1の栄養補給ドリンク

 

アスミール

 

楽天ランキング1位、成長期飲料ランキング1位の人気ドリンク。コップ1杯で成長期に摂りたい栄養をカバーできるので、偏食や小食のお子さんにおすすめです。
当サイトからのお申込で 初回限定50%オフ 2,050円 (約1か月分)

⇒ 当サイトによるアスミールの解説をもっと読む

⇒ アスミールの公式サイトで詳細を確認する

関連ページ

身長を伸ばすアルギニンの効果とは
成長に必要な栄養素といわれるアルギニンの体内での働きや成長ホルモンとの関係性について解説。 また、アルギニンが多く含まれる食品と、その含有量や1日に必要な量について説明をしています。
身長を伸ばす亜鉛の効果とは?
成長に必要な栄養素である亜鉛の体内での働きや成長に関わるメカニズムについて解説。また、1日に必要な亜鉛の量と、過剰症や欠乏症の症状について説明し、亜鉛が多く含まれる食品を紹介しています。
子供の身長を伸ばすために効果的なカルシウムの摂り方
カルシウムの基本情報、体内での働きについて説明しています。また、1日に必要なカルシウムの量や、カルシウムが多く含まれる食品にはどのようなものがあるかまとめました。さらに、カルシウムの吸収率を高める栄養素と食品についても解説しています。
身長を伸ばすために効果的なタンパク質の摂り方
身長を伸ばすために欠かせない栄養素の一つとして、タンパク質の働きと、どのように成長に関わるかというメカニズムについてまとめました。 また、タンパク質の推奨量と、多く含まれる食品と効果的な摂り入れ方について説明をしています。
身長とビタミンの関係
13種類のビタミンの種類について説明し、その中で特に身長に関わる5つのビタミンの働きやメカニズム、不足した時に見られる症状などについて解説をしてます。 また、どのように食事にとり入れたら良いのか、多く含まれる食品や食事の工夫についてまとめています。