幼児期の身長を伸ばすために必要なこと

 

幼児期の子供は活動量の違いや偏食によって体格に個人差が見られることもしばしば。この時期は幼稚園や保育園に通う子がほとんどで、同じ年齢の子供との体の大きさの違いが気になり始める時期でもあります。

 

それまでは家の中で過ごす時間が多く、他の子との成長を比較する機会がない場合には、自分の子供の体格が小さめだったと初めて知ることもあるでしょう。「成長が遅くて大丈夫なのか」「身長が低くて子供が気にしないか」など、慌てて身長に関しての情報を調べ始めるお母さん達もいます。幼児期は、これからの成長に関わる生活習慣を身につけるためにはとても重要な時期です。この時期に身長を伸ばすための習慣が身に付けられるように親がサポートしてあげましょう。

 

幼児

 

幼児期の特徴

 

幼児期っていつのこと?

一般的に幼児期とは、母乳やミルクを卒業した1歳半頃から小学校に入学するまでの6歳までの期間のことをいいます。一生のうちで一番成長が著しいとても大切な時期といわれています。

 

幼児期に発達する主なもの

  • 頭脳

4〜5歳頃には子供の脳の重さは大人の90%程度まで発達します。この時期にいかに周りからの刺激を受けるかということが、それからの頭脳の発達に大きく左右します。

     

  • 運動能力

この時期の子供はとても活発で、1日で歩く歩数は大人の2倍近くにもなります。小学校に上がる前には大人に負けないくらい、走ったり、物を投げたりと色々な運動ができるようになるのです。 

 

  • 感情・情緒

人の人格は6歳頃までにほとんどが形成されてしまいます。それだけ幼児期の生活はとても大切で、集団生活の中で色々な刺激を受けることが、表現力が豊かで余裕のある性格の子供に育つ秘訣と言えます。

 

身体の発達について

 

生まれてから1〜2歳までの間には急速な成長が見られますが、その後思春期までの間は一定の速度で成長し、一般的には著しい成長は見られません。また、男女間においても大きな差は見られず、男の子だから大きい、女の子だから小さいといった傾向はありません。

 

1年間に伸びる身長の平均値は次の表のとおりです。あまりにも低身長の場合には成長ホルモンに関わる病気によるものである可能性もありますので、表を参考に比べてみてください。

 

  • 年齢別の身長の伸び(1年間)
  平均的な伸び 最低ライン よく伸びる子
2〜3歳 8.0cm 6.8cm 9.2cm
3〜4歳 7.1cm 6.0cm 8.2cm
4〜5歳 6.7cm 5.6cm 7.8cm
5〜6歳 6.3cm 5.2cm 7.4cm

 

成長の速度は一定だとはいえど、「背が大きい・小さい」や「太っている、痩せている」などの体格の差があることには変わりません。同じ年齢の子が全て同じ体格をしているわけではないのです。これはもちろん遺伝的な要素が関わることに間違いはありませんが、それだけではなく日々の生活習慣も大きく関係しています。

 

身長を伸ばすために必要なこと

 

成長ホルモンが分泌されていても、栄養に問題があると身長を伸ばすことはできません。また、運動によって刺激を与えることは骨を強くし、骨折しにくい丈夫な体を作ります。

 

成長ホルモンについて

成長ホルモンは脳下垂体という場所で作られます。「寝る子は育つ」と昔から言い伝えられていますが、これは本当のことで、成長ホルモンは日中活動している間よりも夜寝ている時の方が多く分泌されます。

 

一番多く分泌されるのは、就寝してから深い眠りにつく2時間の間で、この間に目が覚めてしまったり、ちゃんと眠れていない場合にも成長ホルモンの分泌は低下してしまいます。睡眠時間の確保だけではなく、質も重要ということです。

 

食生活

身長を伸ばすためには、これだけ食べていれば大丈夫という食品はありません。というのも、栄養素は様々な種類があり、体にとって必要な栄養素全てが揃ってこそ意味があるのです。

 

栄養素の偏りは肥満に繋がることもありますし、不足してしまうと欠乏症が出ることもあります。最近はカロリーは摂取できていても栄養が足りていない「新型栄養失調」という言葉もあります。ファーストフードお菓子の食べ過ぎには気を付けましょう。⇒身長を伸ばすために必要な食習慣

 

また、少食の子供の場合には、必要なカロリーを十分に摂取できていない可能性があります。身長の低い子を持つ親の悩みとして、「あまり食べてくれない」「食べるのが遅い」といったものが挙げられます。

 

子供にとって食事は楽しいものと感じてもらえるためにも、愛情の詰まった手料理を用意してあげることはもちろん、間食のとりすぎや食卓の空気にも配慮しましょう。食べないからといって叱るのは逆効果になります。

 

料理だけで栄養が摂れているか不安なときは、栄養バランスを整えてくれるサプリメントの利用も有効です。⇒身長を伸ばすサプリメントランキング

 

運動

適度な運動は身長を伸ばすためには欠かせません。子供の運動時間は年々減少傾向にありますが、原因としては運動する場所がない、家でゲームをする方が好きなど、生活環境も大きく影響しています。

 

運動不足になると、なかなか寝付くことができず睡眠不足に繋がります。また、運動をすること自体も成長ホルモンの分泌に効果的です。適度に体を動かし疲れを感じて、ぐっすりと眠り、食欲も旺盛になるというような、良いサイクルを身に付けられるように工夫しましょう。 ⇒身長を伸ばす運動やストレッチ

 

親の愛情

食事・運動・睡眠は幼児期の子供の成長にとってとても重要ですが、親の愛情をたっぷりと感じている子供はすくすくと育ちます。実際に愛情遮断性低身長症という病気があり、親からの愛情を遮断された子供は成長がストップしてしまうことがあります。

 

小さい子供のうちは特に親の愛情を感じることが必要です。両親がいつも喧嘩をしていたりと環境の悪い家庭で育った子供は情緒不安定になりやすく、身長の伸びが悪くなります。子供が安心していつも笑顔でいられる、明るい家庭が作れるように心掛けることも大切です。

 

結論

 

親子

 

幼児期は見た目の成長だけではなく、感情や頭脳など様々なところで著しい発達が見られるとても大切な時期です。また、この時期に作られた規則正しい生活習慣は今後の成長にも大きな影響を与えます。

 

幼児期の子供の成長にとって大切なのは、栄養バランスの整った食事適度な運動質が良く十分な時間が確保された睡眠です。また、この3つは相互に関わりあっており、どれか一つが崩れると全てが上手くいきません。それに加えて親の愛情を注ぐことも、幼児期の成長にはとても大切です。たっぷりと愛情を感じ、精神的に安定している子供は、すくすくと育つことができます。

 

ある程度の成長は遺伝で決まってしまう部分も多いのですが、成長に関わる生活環境を整えることで、さらなる成長が期待できます。親は子供が健やかに育つことができるように、愛情を注ぎ、規則正しい生活ができるようにサポートしてあげましょう。

 

人気No.1の栄養補給ドリンク

 

アスミール

 

楽天ランキング1位、成長期飲料ランキング1位の人気ドリンク。コップ1杯で成長期に摂りたい栄養をカバーできるので、偏食や小食のお子さんにおすすめです。
当サイトからのお申込で 初回限定50%オフ 2,050円 (約1か月分)

⇒ 当サイトによるアスミールの解説をもっと読む

⇒ アスミールの公式サイトで詳細を確認する

関連ページ

小学生が身長を伸ばす方法
小学生の平均身長や、身長の伸び率についての説明、成長に関わるホルモンの種類や働きについて解説しています。 さらに、小学生が身長を伸ばすために必要な、食事・運動・睡眠についての3つのポイントをまとめています。
中学生が身長を伸ばす方法
中学生の平均身長や、身長の伸び率についての説明。また、思春期と成長期の関係について解説しています。 さらに、中学生が身長を伸ばすために必要な食事・運動・睡眠についての3つのポイントをまとめました。
高校生が身長を伸ばす方法
高校生の平均身長や1年間の身長の伸び率について説明。身長を伸ばすために必要なポイントとして、食事・運動・睡眠、そしてストレスについて解説しています。特に重要な食生活においては、不足しないように気をつけたい栄養素について詳しくまとめています。
大学生が身長を伸ばす方法
大学生になり、身長の伸びが止まってしまったと実感する方は多いと思います。成長期を終えた大学生ですが、身長が伸びるケースも多くあります。この記事では、大学生の身長が伸びる理由や大学生の身長の伸ばし方について紹介します。
成人の身長を伸ばす方法
成人でも自分の背の高さに満足していない人は多いと思います。世の中には、身長を伸ばすための情報があふれていますが、これらは本当に効果があるか心配ですよね。この記事では、成人の方で身長を伸ばす方法について紹介します。