思春期の中学制の身長の伸ばし方

 

中学生になるとほとんどの人が思春期を迎え、身体的や精神的にも子供から大人になっていきます。中学生は特に男子において、身長が最も伸びる時期であり、個人間での差も大きくなります。中学生における成長期は、背を伸ばすための最大のチャンスであり、そしてラストスパートをかける最後のチャンスとも言えます。

 

背の順番が前の方だった子でも、何人も追い抜いて後ろから数えた方が早いという順番になる子もいます。それでは、中学生が身長を伸ばすために必要なもの何か、そのポイントについて説明していきます。

 

中学生

 

中学生の平均身長ってどのくらい?

 

中学生の平均身長について、学年別、男女別に表にしました。

 

中学生が身長を伸ばす方法 | 身長を伸ばす方法まとめ

 

男子は1年生から3年生になった2年間で12.5cmも身長が伸びているのに比べて、女子4.7cmと少ししか伸びていません。女子は小学校高学年の時の伸び幅が大きかったことから、身長が伸びるピークの時期に差があることがわかります。

 

中学生においての1年間の身長の伸びの平均は次の通りです。

 

中学生が身長を伸ばす方法 | 身長を伸ばす方法まとめ 

 

男子は中学1〜2年生の時期が8cm以上と一番身長が伸びています。女子は中学3年生にもなると約1cmしか伸ばすことができず、大人になってからの身長はほとんど決まってしまいます。

 

思春期を遅らせると背が伸びる?

子供から大人になる過渡期に見られるのが思春期です。中学生はその思春期の真っ只中にあります。思春期は人によって迎える時期が異なり、目に見える身体的な変化はもちろん、感情的な部分でも色々な変化が見られます。

 

  • 思春期に見られる変化

男子・・・声変わり、 ヒゲが生え始める

女子・・・胸が膨らむ、 月経が始まる

 

また、男女共通の特徴として、反抗期が始まることも思春期が訪れた合図です。

 

思春期と身長の関係

 

この思春期ですが、実は身長を伸ばすこととも深く関係しています。思春期には性ホルモンの分泌が盛んになりますが、この体の成熟を促すホルモンによって体全体の成熟も促してしまうため、骨の成長を止めてします働きをします。

 

思春期は平均で男子が11歳ごろ、女子で10歳ごろから始まります。成長期と思春期が重なってしまうと、身長を伸ばすために必要な期間を十分に確保できず、成長期の途中で身長を止めてしまう可能性があるのです。

 

思春期の身長の伸び幅は男子が約25cm、女子が22cm前後。もちろん個人差はありますが、思春期に入る前の身長が高いほど、大人になってからの身長が高い傾向があります。これは思春期のスタートをいかに遅らせることができるかと言い換えることもできるでしょう。

 

思春期の始まりや、どのくらいの期間続くのかは個人によって異なりますが、思春期と身長には深い関係があること、そして思春期の始まりが遅いほど身長を伸ばすためには良い環境が整うことを覚えておきましょう。

 

中学生が身長を伸ばすために必要なポイント

 

骨の両端には骨端線という軟骨組織があり、これが膨張することによって骨が伸びる、つまり身長の伸びとなります。この骨端線は成長ホルモンの刺激で栄養を取り込むことによって成長していきます。

 

一般的には、男子は16歳ごろ、女子は15歳ごろに骨端線が固まり身長の伸びが止まると言われています。つまり、中学生期は骨端線を伸ばすことのできる最後の時期ということができます。

 

骨端線がまだ固まっていない中学生期は、規則正しい生活を送ることでさらに身長を伸ばすことが可能です。遺伝で全てが決まるのではなく、努力次第で伸ばすことができるのでより良い習慣を身につけられるように心がけましょう。

 

食事

よく、「牛乳をいっぱい飲めば背が伸びる」という話を聞きますが、実際はそれだけでは伸ばすことはできません。確かに牛乳に多く含まれているカルシウムは、骨を丈夫にする働きがありますが、何よりも一番大切なのは栄養素です。

 

炭水化物は体を動かすエネルギーの元になり、タンパク質は筋肉や血液の材料となります。脂質は体温を正常に保ち、臓器や皮膚を保護するなどの働きをし、ビタミン類・ミネラルは体の様々な機能を調整するために欠かせません。

 

この体に必要な5大栄養素をバランス良くとるためには、主食・主菜・副菜の揃った食事を心がけることが一番です。麺類や丼料理などは、栄養バランスが偏ってしまいがちなのでできれば頻度を減らせるように工夫しましょう。

 

手軽に食べられるものほど、栄養バランスが偏ってしまうのでオススメできません。手間暇かけた愛情のこもった食事は、優しさを伝えるということだけではなく、自然と栄養バランスが整うという意味でもとても重要なのです。

 

運動

中学生期は、部活動の有無などによっても日常的な運動量に差が見られる時期です。肥満は成長ホルモンの分泌が悪くなることに加えて、思春期を早く迎えてしまう傾向があります。肥満を予防するという意味でも運動をすることはとても大切です。また、運動の種類によっても身長を伸びやすくするものとそうではないものがあります。

 

  • 骨に対して縦方向に刺激が加わる運動・・・ジョギング、バレーボール、バスケットボール
  • 骨端線に刺激が伝わる全身運動・・・水泳

バレーボールやバスケットボールはジャンプをすることが多く、常に上下に刺激を与えるジョギングは身長を伸ばすためにはとても向いています。体の一部に過度な負担がかかる筋トレや、たくさんのエネルギーを消費してしまうマラソンは身長を伸ばすためには向いていません。種目を問わず、翌朝疲れて起き上がれないくらいの運動は成長には悪影響ですので注意しましょう。

 

水泳

 

身長を伸ばす運動やストレッチ

 

睡眠

成長ホルモンの分泌は睡眠中に多く分泌されます。特に眠りについた後の約2時間の間に多いとされ、何らかの理由によって安眠が妨げられ、目が覚めてしまった場合には分泌を途中で止めてしまいます。

 

12歳までは10〜11時間、13〜15歳の間は8〜9時間の睡眠時間が必要とされています。今までの生活に加えて、中学生は勉強にも力を注がなければいけない時期です。できるだけ夜更かしをせず、十分な睡眠時間を確保できるような生活を心がけましょう。また、十分な栄養と適度な運動は睡眠の質を上げる重要な要素です。この3つのポイントを意識して、十分な時間の確保された良質の睡眠がとれるように心がけましょう。

 

結論

 

中学生は、子供から大人になる思春期を経験するなど、非常に多感な時期です。思春期を遅らせることは身長を伸ばすこととも深く関わりを持っています。親御さんは普段の子供の様子を見守りながら思春期の訪れを把握しておきたいところです。

 

特に男子においては人生の中で一番身長が伸びる大切な時期です。この時期に規則正しい生活を送り、成長ホルモンの分泌を促すことで、より身長を伸ばすことが可能になります。食事運動睡眠の3つのポイントをしっかりと理解し、子供が十分な成長ができるように、生活をサポートしてあげましょう。

 

人気No.1の栄養補給ドリンク

 

アスミール

 

楽天ランキング1位、成長期飲料ランキング1位の人気ドリンク。コップ1杯で成長期に摂りたい栄養をカバーできるので、偏食や小食のお子さんにおすすめです。
当サイトからのお申込で 初回限定50%オフ 2,050円 (約1か月分)

⇒ 当サイトによるアスミールの解説をもっと読む

⇒ アスミールの公式サイトで詳細を確認する

関連ページ

幼児期の身長を伸ばす方法
幼児期の子供に見られる頭脳・感情・身体的な発達の特徴や、1年間で伸びる身長の平均値などについて解説。 また、幼児期の成長のために欠かせない食生活や運動、睡眠のポイントと、親からの愛情を注ぐことの重要性についての説明をしています。
小学生が身長を伸ばす方法
小学生の平均身長や、身長の伸び率についての説明、成長に関わるホルモンの種類や働きについて解説しています。 さらに、小学生が身長を伸ばすために必要な、食事・運動・睡眠についての3つのポイントをまとめています。
高校生が身長を伸ばす方法
高校生の平均身長や1年間の身長の伸び率について説明。身長を伸ばすために必要なポイントとして、食事・運動・睡眠、そしてストレスについて解説しています。特に重要な食生活においては、不足しないように気をつけたい栄養素について詳しくまとめています。
大学生が身長を伸ばす方法
大学生になり、身長の伸びが止まってしまったと実感する方は多いと思います。成長期を終えた大学生ですが、身長が伸びるケースも多くあります。この記事では、大学生の身長が伸びる理由や大学生の身長の伸ばし方について紹介します。
成人の身長を伸ばす方法
成人でも自分の背の高さに満足していない人は多いと思います。世の中には、身長を伸ばすための情報があふれていますが、これらは本当に効果があるか心配ですよね。この記事では、成人の方で身長を伸ばす方法について紹介します。