小学生が身長を伸ばすために大切なこととは何か

 

小学生は本格的な知能や身体能力を形成する大切な時期です。幼稚園や保育園などの集団生活とはまた違い、同じ目標を持った仲間と調和のとれた生活を送る一方で、競争心やライバル心がより一層芽生えてくる時期でもあります。

 

小学校の義務教育は6年間ですが、その間に見られる身体的、知能的、感情的な発達は著しく、入学時と卒業時を比較するとその成長に驚くことが多くあります。小学校高学年になると、思春期が始まり身体に変化が現われる子もいますし、男女間での差が見られるようになり、性の違いをよりはっきりと意識するようになるでしょう。

 

父と息子

 

身体的な発達は、時には自信を生み出すこともありますが、反対にコンプレックスとなってしまう場合もあります。身長もまたその要因の一つで、コンプレックスを抱えることで精神面や今後の性格に影響する可能性も考えられます。

 

他の子に比べて背が低いとお子さんが悩むことのないように、親はその成長をしっかりとサポートしてあげる必要があります。それでは、小学生が身長を伸ばすためには、どのような生活を送れば良いのか、ポイントを説明していきます。

 

小学生の平均身長ってどのくらい?

 

それではまず、小学生の平均的な身長について見ていきましょう。わかりやすいように、男女別、学年別にまとめました。

 

小学生が身長を伸ばす方法 | 身長を伸ばす方法まとめ

 

注目するポイントは、6歳から9歳までの平均身長女子よりも男子の方が若干上回っているのに比べて、10歳から11歳になると女子の方が高くなっています。これは女子の方が早く成長期が訪れることを示し、「女の子は大人っぽいね」と言われることも、この結果に由来していると考えられます。

 

次に、1年間での身長の伸び率の平均についても見ていきましょう。

 

小学生が身長を伸ばす方法 | 身長を伸ばす方法まとめ

 

1年間で5?6cm程度の伸びが平均的ですが、成長期の訪れが早い女子においては、高学年になると伸び率も大幅にアップします。あくまでも平均値ですので、この値よりももっと伸びる子もいれば、もちろんあまり伸びない子もいます。

 

身長を伸ばすホルモンと止めてしまうホルモン

 

子供の身長を伸ばすためには次のようなホルモンが関わっています。これらが十分に分泌されないと成長の遅れに繋がります。

 

身長を伸ばすホルモン

  • 成長ホルモン

成長ホルモンは脳の下垂体から分泌されるホルモンです。脂肪を分解してエネルギーを作り出す、骨を伸ばす、筋肉を大きくするなどの働きをしており、その名の通り成長に最も関係しているホルモンです。

 

成長ホルモンは日中の活動時よりも、睡眠中に多く分泌されます。さらに、眠りについた後の2時間が最も多く分泌されるといわれており、この間に目が覚めてしまったりすると分泌に影響してしまいます。

 

  • 甲状腺ホルモン

喉仏にある甲状腺から分泌されるホルモンです。骨はもちろん、全身の新陳代謝を活発にし、体内のたんぱく質を作ることで成長を促します。

 

身長の伸びを止めてしまうホルモン

  • 性ホルモン

体の成熟を促す性ホルモンは、思春期に活発に分泌されますが、骨の成熟も促されるため身長の伸びが止まってしまいます。このような理由で思春期が早く訪れる子供は、身長を伸ばすための期間を最大限に生かすことができなくなる場合があります。

 

小学生が身長を伸ばすために必要なポイント

 

平均身長に達していなかったり、1年間で十分な伸びが見られない場合、子供の成長に関して心配になる親御さんもたくさんいます。遺伝だから仕方ないと諦めてしまうのではなく、子供の成長しやすい時期を見極め、しっかりと成長ホルモンの分泌が促される生活ができるようにサポートしてあげましょう。

 

最も重要なポイントとして、食事運動睡眠の3つが挙げられます。これらは互いに関わり合っており、どれか一つ欠けてしまうと上手なサイクルを作ることができません。

 

食事

子供は大人に比べると活動量が多く、必要なエネルギー量を十分に摂っていないと体を大きくすることはできません。身長や体重、活動量に比例するので個人差はありますが、その子に合った量の食事を管理してあげましょう。食べ過ぎは肥満に繋がるので、適正な量というのが大事なポイントです。 ⇒身長を伸ばすために必要な食習慣

 

また、カロリーだけではなく、栄養バランスもとても重要です。毎食の栄養価計算をするのは難しいですが、主食・主菜・副菜の3点セットを揃えること、1日30品目の食材を使用することを意識できれば、自然と栄養バランスは整うといわれています。

 

そして、この時期の間食は重要な役割を果たします。ただ空腹を満たすためのお菓子やジュースを与えるのではなく、不足しやすいビタミン類や、カルシウムなどのミネラルを補給できるように、果物や乳製品を使用するなど、内容にも配慮しましょう。

 

運動

運動は筋肉や骨を丈夫にするためには欠かせません。身長を伸ばすためには、特に体を縦に伸ばすことができるような運動が良いと言われています。例えば、バスケットボール、バレーボールなど、ジャンプをするスポーツをすることで骨の成長が促されます。成長ホルモンは日中よりも睡眠中に分泌されることが多く、よりぐっすりと眠れるように日中の活動量を多くしておくという意味でも運動は役立ちます。 ⇒身長を伸ばす運動やストレッチ

 

バスケットボール

 

睡眠

人が健康を維持する上では睡眠や休養もとても大切です。近年はテレビゲームやインターネットの普及により、夜型の生活の子供が増えていることが問題視されています。毎日決まった時間に眠れるよう、生活習慣を整えてあげるのも親の役目です。

 

特に小学生の子供においては、成長ホルモンを分泌する大切な時間ですので、十分に睡眠時間を確保し、環境の整った空間で質の良い眠りができるようにしてあげましょう。

 

結論

 

小学生は集団生活に慣れ、ライバル心や競争心がより一層強くなる時期でもあります。周りの友達と自分の身長を比較し、背が低いとコンプレックスを持つことは精神面においても悪い影響を与えてしまいます。

 

身長を伸ばすために必要なホルモンとして、成長ホルモン甲状腺ホルモンの2つがあり、成長を妨げるホルモンとして性ホルモンがあります。それぞれの特徴を十分に理解し、より子供の成長を促せるように意識した生活を送りましょう。

 

成長ホルモンの分泌を促すためには、食事・運動・睡眠の3つのポイントがとても大切になります。必要なカロリーに管理されたバランスの良い食事をする、骨に縦の刺激を与える運動をする、十分な時間が確保された質の良い睡眠をとる、といったポイントを意識して、規則正しい生活を送れるように心がけましょう。

 

人気No.1の栄養補給ドリンク

 

アスミール

 

楽天ランキング1位、成長期飲料ランキング1位の人気ドリンク。コップ1杯で成長期に摂りたい栄養をカバーできるので、偏食や小食のお子さんにおすすめです。
当サイトからのお申込で 初回限定50%オフ 2,050円 (約1か月分)

⇒ 当サイトによるアスミールの解説をもっと読む

⇒ アスミールの公式サイトで詳細を確認する

関連ページ

幼児期の身長を伸ばす方法
幼児期の子供に見られる頭脳・感情・身体的な発達の特徴や、1年間で伸びる身長の平均値などについて解説。 また、幼児期の成長のために欠かせない食生活や運動、睡眠のポイントと、親からの愛情を注ぐことの重要性についての説明をしています。
中学生が身長を伸ばす方法
中学生の平均身長や、身長の伸び率についての説明。また、思春期と成長期の関係について解説しています。 さらに、中学生が身長を伸ばすために必要な食事・運動・睡眠についての3つのポイントをまとめました。
高校生が身長を伸ばす方法
高校生の平均身長や1年間の身長の伸び率について説明。身長を伸ばすために必要なポイントとして、食事・運動・睡眠、そしてストレスについて解説しています。特に重要な食生活においては、不足しないように気をつけたい栄養素について詳しくまとめています。
大学生が身長を伸ばす方法
大学生になり、身長の伸びが止まってしまったと実感する方は多いと思います。成長期を終えた大学生ですが、身長が伸びるケースも多くあります。この記事では、大学生の身長が伸びる理由や大学生の身長の伸ばし方について紹介します。
成人の身長を伸ばす方法
成人でも自分の背の高さに満足していない人は多いと思います。世の中には、身長を伸ばすための情報があふれていますが、これらは本当に効果があるか心配ですよね。この記事では、成人の方で身長を伸ばす方法について紹介します。