身長を伸ばす最後のチャンス。大学生の身長を伸ばす方法とは

 

大学生で、身長の伸びが止まってしまい、自分の背の高さについて悩んでいる人も多いと思います。実際に、大学生でも身長を伸ばすことは可能なのでしょうか?この記事では、大学生の身長を伸ばす方法について紹介します。

 

大学生になると、もう身長は伸びない?

 

悩み

 

大学生は、年齢では18歳から20台前半にあたり、成長期が終わって、身長の伸びが止まってしまったと実感する人が多くなります。実際に大学生になると、もう身長が伸びることはないのでしょうか?

 

身長が伸びるメカニズムは

身長を伸ばすには、体の骨格を形成する骨の成長を促す必要があります。全世代で身長が伸びないように、骨にも成長の時期があります。一般的に骨の成長は、男性で17〜18歳まで、女性では13〜14歳までと言われており、それ以上の年齢では骨が成長することはないのが一般的です。つまり、この年齢を過ぎた大学生では、骨の成長を促して身長を伸ばすのは難しくなります。 ⇒成人の身長を伸ばす方法

 

大学生でも身長が伸びるのはなぜ

身長を伸ばすのは難しい大学生の年代ですが、例外も多くあります。その秘密は骨の成長に関わる部分である骨端部にあります。骨端部は、固い骨の中でも軟骨組織で構成された部分で、骨が成長する場所でもあります。

 

身長が伸びるとき、成長ホルモンが作用し、骨端部が刺激を受けて骨が成長するのです。しかし、思春期を迎えて、骨が成熟すると、骨端部の軟骨組織も固い骨組織と変化します。こうなると、骨の成長はできないので、自然に身長を伸ばすのは難しくなります。

 

しかし、大学生でも骨端部が軟骨組織のまままだ残っている場合があります。実際に、大学生でも、女性では22歳まで、男性では25歳位まで身長が伸びている例が多くあります。特に、遅塾と言って、第二次性徴が遅い場合は、骨が成熟する時期も遅くなることがあります。

 

あなたはまだ身長が伸びる?確認する方法

 

大学生でも骨端部が成熟しきってなければ、まだ背が伸びる可能性があることが分かりました。骨の成長に関わる骨端部が成熟しているかはレントゲンで確認することができます。軟骨組織である骨端部では、レントゲンで撮影すると薄く映る特徴があり、線のように映るため、「骨端線」と呼ばれています。

 

骨が成熟すると、レントゲン上では骨端線が移らなくなってしまうので、「骨端線が閉じた」という言い方もされます。実際に、身長の低い子どもを対象にした低身長外来では、レントゲンにて骨端線の状態を確認することがあります。ケースは少ないですが、大学生の方で、自分の骨端線がまだ存在しているかどうか気になる方は、病院でレントゲンを撮って確認するのも方法の一つです。

 

大学生で身長を伸ばすのにはどうしたらいい?

 

大学生でも身長が伸びる希望があることが分かりましたが、骨がほぼ成熟している大学生では、成長期の子どものような劇的な身長の伸びは期待できません。大学生では、4年間のあいだに1〜3p伸びたという人が多いようです。

 

身長の伸び率が低くなる大学生で、最大限に身長を伸ばすのには、魔法のような方法はなく、毎日の生活習慣を整えることが大切となります。実際どのような生活習慣にすれば良いか挙げていきます。

 

栄養

 

栄養

食事から摂る栄養は、骨や体の材料となるために、身長を伸ばすのにかかせません。特に、身長を伸ばすうえで意識したいのが、タンパク質カルシウムミネラルビタミン類です。大学生になると、一人暮らしを始める人が多くなり、食事がおろそかになりがちになります。

 

最近ではコンビニやファーストフードなどの店が増えたことで、食事が手軽に取れるようになりました。しかし、これらの食事は、栄養バランスに偏りがあり、身長を伸ばす面だけでなく、健康にもあまり良くありません。

 

身長を伸ばすのなら、3度の食事を作るのがベストですが、それが難しい人は、できあいの食事を摂る際にも、野菜を摂るようにするなど栄養バランスを意識するようにしましょう。

 

運動

大学生で身長を伸ばしたいのなら、意識したいのが運動です。運動は、骨や筋肉に刺激を与えるだけでなく、成長を促す成長ホルモンの分泌も高める作用があります。運動の中でも特に、バスケットボールやバレーボールなど、競技中にジャンプをするものは、背を伸ばすのに効果的です。

 

運動が苦手な方や時間がない方は、体幹を伸ばすようなストレッチもおすすめです。大学生でも、運動系のサークルや部活に参加したり、ジムに通ったりして、運動の機会を持つようにしましょう。 ⇒身長を伸ばす運動やストレッチ

 

睡眠

身長を伸ばすのに大切なのが睡眠です。睡眠中は、骨の成長を促す成長ホルモンが分泌される時間帯で、特に夜10時から2時の分泌量が多くなるとされています。大学生では、試験勉強だけでなく飲み会などの機会も増えるため、夜更かしや一晩中起きていることが多くなります。

 

身長を伸ばすのなら、最低でも7時間以上は睡眠を取るようにしたいものです。また睡眠の量だけでなく、質にもこだわりましょう。寝る前のお酒や飲食は控え、毎日決まって時間に起きたり寝ることが大切になります。

 

結論

 

成長期を終えた大学生でも、骨の成長部分である骨端線が閉じていない場合は、身長が伸びる可能性があります。大学生でも、自分の背が伸びていると実感している人は、生活習慣を規則正しくして、最大限に身長が伸びるようにしましょう。

 

人気No.1の栄養補給ドリンク

 

アスミール

 

楽天ランキング1位、成長期飲料ランキング1位の人気ドリンク。コップ1杯で成長期に摂りたい栄養をカバーできるので、偏食や小食のお子さんにおすすめです。
当サイトからのお申込で 初回限定50%オフ 2,050円 (約1か月分)

⇒ 当サイトによるアスミールの解説をもっと読む

⇒ アスミールの公式サイトで詳細を確認する

関連ページ

幼児期の身長を伸ばす方法
幼児期の子供に見られる頭脳・感情・身体的な発達の特徴や、1年間で伸びる身長の平均値などについて解説。 また、幼児期の成長のために欠かせない食生活や運動、睡眠のポイントと、親からの愛情を注ぐことの重要性についての説明をしています。
小学生が身長を伸ばす方法
小学生の平均身長や、身長の伸び率についての説明、成長に関わるホルモンの種類や働きについて解説しています。 さらに、小学生が身長を伸ばすために必要な、食事・運動・睡眠についての3つのポイントをまとめています。
中学生が身長を伸ばす方法
中学生の平均身長や、身長の伸び率についての説明。また、思春期と成長期の関係について解説しています。 さらに、中学生が身長を伸ばすために必要な食事・運動・睡眠についての3つのポイントをまとめました。
高校生が身長を伸ばす方法
高校生の平均身長や1年間の身長の伸び率について説明。身長を伸ばすために必要なポイントとして、食事・運動・睡眠、そしてストレスについて解説しています。特に重要な食生活においては、不足しないように気をつけたい栄養素について詳しくまとめています。
成人の身長を伸ばす方法
成人でも自分の背の高さに満足していない人は多いと思います。世の中には、身長を伸ばすための情報があふれていますが、これらは本当に効果があるか心配ですよね。この記事では、成人の方で身長を伸ばす方法について紹介します。