身長を伸ばすために避けたいこと

 

背が低いと悩んでいる人で、自分の身長が低い原因が気になる方が多いのではないでしょうか。また、すでに自己流で行っている身長を伸ばす対策が、実は逆効果だったということもあるかもしれません。今回は、身長が伸びない原因や、身長を伸ばすために避けた方がよいことについてお伝えします。

 

身長が伸びない原因にはどんなものがある?

 

テレビゲーム

 

身長が伸びない理由にはいくつかあり、以下に挙げていきます。

 

親からの遺伝

背が低い原因の一つに、親からの遺伝があります。両親がともに平均身長より低めである場合は、その子どもにも体質が遺伝している可能性があります。ただ、将来の身長の高さを決定するうえで、遺伝の要素は25〜30%程度と言われています。

 

両親の背が低いために自分の身長をあきらめている人、または自分の身長が低いためにその子どもに遺伝子してしまうのではないかと心配されている人は、安心してください。身長を伸ばす要素には、生活習慣が大きく関わっているので、まだまだ対策を行えますよ。

 

何らかの原因で成長ホルモンの分泌が少ない

成長期に身長を伸ばすには、骨の成長を促す必要があります。骨の成長には「成長ホルモン」がきちんと分泌されていなければなりません。成長ホルモンの分泌には、脳下垂体より「成長ホルモン刺激ホルモン」が分泌される必要があります。生まれつきや脳腫瘍など後天的に脳下垂体に異常があると、「成長ホルモン刺激ホルモン」がきちんと分泌されずに、身長が低めになることがあります。

 

睡眠時間が少なめ

最近、テレビゲームやテレビ番組の影響で、ついつい夜更かししてしまう人が多いと思います。また、夜遅くまでの勉強や塾に通っているなど、寝る時間が遅くなる原因は多様になっています。夜更かしや就寝時間が遅くなると、睡眠時間が少なくなるので、身長が伸びづらくなる可能性があります。

 

骨の成長を促す成長ホルモンは、夜中の10〜2時に、最も分泌されると言われています。身長を伸ばすためには、この時間帯に質の良い睡眠を取る必要があるのです。日本では、昔から「寝る子はよく育つ」と言われていますが、昔の人長い年月の経験に基づいた格言であるということが分かりますね。

 

十分な栄養を取っていない

身長を伸ばす上で大切なのが、バランスの取れた栄養です。現在は若い女性を中心に、やせ願望が強く、ダイエットに励んでいる学生も多いと思います。モデルのような体型にあこがれてダイエットをしたり、体の成長に必要な栄養が回らず、身長が伸びづらくなる可能性があります。また、ダイエットをしていなくても、食事をジャンクフードで済ませている場合は同様のことが言えます。身長が伸びる成長期は、特に栄養摂取を意識しましょう。

 

運動不足

最近では、テレビゲームの影響など子どもの安全問題から、外で遊ぶケースが減ってきているようです。現代では、普段から意識をして体を動かさないと、たちまち運動不足になってしまいます。

 

運動をすると、骨の成長や組織の修復を行う成長ホルモンが分泌されやすくなることで、身長が伸びやすくなります。反対に、運動する機会があまりなければ、成長ホルモンの分泌の機会が少なくなることで、身長を伸ばす機会が減ることになります。もし、あなたが身長を伸ばしたいのなら、日頃から体を動かすようにしましょう。

 

実は間違っている!身長のためにやってはいけないこと

 

身長を伸ばすために、すでに対策を行っている人もいるかもしれません。もしかしたら、あなたの行っている対策は、身長を伸ばすために、逆効果かもしれません。ここでは、身長を伸ばすうえでやってはいけないことや、控えたいことを挙げていきます。

 

  • 負荷の大きい筋力トレーニング

適度な運動は、骨格や筋肉に良い刺激となり、成長ホルモンの分泌も促進されるので、背を伸ばす効果があります。しかし、バーベルなど負荷の大きい筋力トレーニングは、身長を伸ばすのを妨げてしまう可能性があります。

 

筋力トレーニングは、筋肉だけでなく骨や関節に負担を与えたり、傷つけてしまうためです。上記の理由から、背を伸ばしたいのなら、高い負荷をかけてトレーニングを行うのは、成長が止まってからがおすすめです。もちろん、自分の重さを利用した筋肉トレーニングは、適度な回数なら問題ありません。

 

筋トレ

  • 牛乳ばかり飲んでいる

身長を伸ばすには、骨の成長を促す必要があるのが分かったと思います。骨と言われて、イメージするのはカルシウムですが、中でも牛乳はカルシウムを摂取するのに優秀な食品の一つです。

 

背が高くになるために、カルシウムを摂取するのは良いことですが、カルシウムだけに偏らないように注意してください。骨の成長が行われる骨の軟骨組織では、増殖するのにタンパク質が必要になります。身長を伸ばすためには、カルシウムだけでなく、肉や魚、卵、大豆製品などから、タンパク質を摂取し、バランスの良い食事を心がけたいですね。

 

なお、厚生労働省における、カルシウムの一日の摂取目安量は、ほぼ全世代の男女共に600mgとなっています。また、身長が伸びやすい12〜14歳の男子では900mg、10〜11歳の女子では800mgが一日の目安量として設定されています。

 

  • 寝てばかりいる

睡眠時間をしっかり取ることは、心身の疲れを取り、身長を伸ばす上でもかかせません。しかし、だからと言って、休日に一日中ベッドでダラダラ寝ているのは逆効果になります。睡眠時間が異様に長くなれば、身長を伸ばすのに欠かせない食事や運動がおろそかになる可能性があります。

 

また、睡眠時間そのものは、実は脳が意識を失っている状態でもあるので、長すぎる睡眠はかえって健康に悪影響とされています。厚生労働省が示した年代別の睡眠時間は、以下のようになります。

 

  • 10代前半・・・8時間以上
  • 10代後半〜25歳・・・7時間
  • 26歳〜45歳・・・6時間半
  • 45歳以上・・・6時間

身長を伸ばすために睡眠時間に気を遣いたいのなら、上記の適切な睡眠時間を参考にしてください。

 

結論

 

身長が低い原因には、遺伝や生まれつきの体質だけでなく、生活習慣が大きく関わっています。もし、あなたが身長を伸ばすのにふさわしくない生活を送っていたのなら、今日からきちんとした生活に正していきましょう。

 

背が低い人にとって、身長が低い原因が気になっている方は多いのではないでしょうか。この記事では、身長が低くなる原因や身長を伸ばすためにやってはいけないことを紹介します。低身長の原因が気になる方や、身長を伸ばすためにすでに対策を行っている人は、参考にしてみてください。 もっと詳しく読む: 身長が伸びる生活習慣

 

人気No.1の栄養補給ドリンク

 

アスミール

 

楽天ランキング1位、成長期飲料ランキング1位の人気ドリンク。コップ1杯で成長期に摂りたい栄養をカバーできるので、偏食や小食のお子さんにおすすめです。
当サイトからのお申込で 初回限定50%オフ 2,050円 (約1か月分)

⇒ 当サイトによるアスミールの解説をもっと読む

⇒ アスミールの公式サイトで詳細を確認する

関連ページ

身長が伸びる仕組みを理解することがスタートライン
身長を伸ばしたい人にとって、まず知ってほしいのが、身長が伸びるメカニズムです。今回は身長がどのような仕組みで伸びるのか紹介します。身長を伸ばすと謳っている情報はいろいろありますが、身長を伸ばす方法は年齢別でも異なります。 背が低くて悩んでいるあなたも身長を伸ばす対策を試す前に、まずメカニズムから知ってみてはいかがでしょうか。
身長を伸ばす成長ホルモンを分泌させるには
身長を伸ばすのに重要なのが、成長ホルモンの分泌です。成長ホルモンには、骨の成長を促すことで身長を伸ばす効果があります。この記事では、成長ホルモンが骨の成長にどのように作用するか、また成長ホルモンの分泌を促す方法について紹介します。
身長が伸びる生活習慣とは
身長は遺伝によって決まると思いがちですが、身長に関わる遺伝の影響は一部であり、大半は生活習慣が要因となっています。この記事では、身長を伸ばすための生活習慣について紹介します。
身長はいつまで伸びるのか
身長に悩んでいる子どもや大人は多いですが、実際に身長はいつまで伸びるものなのでしょうか?この記事では、身長が伸びる仕組みと、いつまでの身長が伸びるか紹介します。また、身長が止まった成人の方の身長の伸ばし方についても説明します。
身長を伸ばすための栄養
食事から摂る栄養素は、骨や筋肉など体作りの材料となるため、身長を伸ばすためには、バランスよく摂取する必要があります。この記事では、栄養が身長に及ぼす影響や、身長を伸ばすうえで積極的に摂りたい栄養素について紹介します。
身長を伸ばすために必要な食習慣と食べ物
身長を伸ばすために必要な栄養素やどのような食品に多く含まれているかということが確認できます。さらに効果を高めるための食生活のポイントについても説明をしています。
身長を伸ばすサプリメントは有効なのか?
身長を伸ばすために必要な栄養素であるアルギニン・カルシウム・トリプトファンの働きや摂取目安量と、サプリメントの使用方法について説明。過剰摂取による副作用や使用する際の注意点についても解説をしています。
身長を伸ばす運動やストレッチ
身長を伸ばすためには、骨の成長が不可欠です。 子供には成長する軟骨が存在し、骨が伸びることで身長が伸びるようになります。 大人になっても身長が伸びる人がいるようですが、それには運動やストレッチなどが効果的。 どのような方法があるのかを見ていきましょう。
成長期の子供の身長を伸ばすために必要なこと
成長期と思春期の始まりの関係性と、思春期を遅らせることがなぜ成長に繋がるのかという理由について解説。 また、成長期の子供がより効果的に身長を伸ばすために、どのような生活習慣を身に付けるべきかという点についても説明をしています。
身長を伸ばす整体
身長を伸ばすためには、さまざまな条件が必要になります。 その中でも、整体が身長を伸ばすためのひとつの方法だとして注目されています。 子供でも受けられるという整体は、身長の伸びとどのような関係があるのかを解説します。
身長を伸ばすための睡眠の摂り方のポイント
身長を伸ばすうえで大切になるのが、睡眠です。身長を伸ばすための、睡眠は単に時間を確保するだけでなく、質の良い睡眠がポイントとなります。この記事では、睡眠が身長を伸ばすうえでどのように関わるか、また、身長を伸ばす睡眠の取り方について紹介します。
身長を伸ばす治療・低身長を改善
身長を伸ばすには、食事や運動、睡眠など日々の生活習慣を整えることが大切です。一方で医療機関では、低身長に対してどのような治療法が行われているか気になりますね。この記事では、医療機関で行われている、低身長の治療法について紹介します。
一時的にでも身長を伸ばす裏技
あともう少し身長が高かったら良かったのにと思うことはありませんか? 身長を伸ばす方法はさまざまなありますが、成長期を過ぎた大人にはその効果もあまり期待できません。 そんな大人にもおすすめの身長を伸ばす方法とは。